netgeek

netgeek訴訟×netgeek編集部から削除要請の依頼のDMがやってきた......その後ブロック!?(加筆2回目)

バイラルメディアのnetgeekがBuzzFeedから取材をされてきたことを知って、何を思ってかnetgeekの過去のフェイクニュースなどをまとめたアップしたのがかとさよnoteの始まりである。
 今と変わらず適当に情報を漁りで、適当な論調で書き、適当にまとめたなんとも適当なnoteだった。それに続き4つほどnetgeekのnoteを掲載。なかなかのPVがつき、高揚感とまではいかないが多少うれしく

もっとみる

変なところに広告が出ないようにするべきというお話し/2019/04/10 AbemaPrime出演まとめ

▼当日の記事

▼オンライン発言

▼放送中の発言

堀さん「きちんとしたライターもたくさんいることを知ってほしい。でも一方で、僕も経験があるんですけど、新聞社も関わっているような大きなネットメディアの会社さんに一切取材されずに記事を書かれたことがあります。知り合いだし、電話でもメッセンジャーでも一言連絡をくれれば、いくらでもコメントを出すのに。メディア業界の状況はどうなんでしょう?」

池谷勇人

もっとみる

僕たちはnetgeekに振り回されてきたのか?

バイラルメディアであるnetgeekの運営陣に対し、フェイクニュース被害を
提訴するニュースが話題になっています。

運営陣からの取材もなく記事を掲載したことや、実際には投稿されていないSNSを捏造しニュースにしたことなどを受けての提訴とのこと。
上記記事のなかでは、このような手法で記事の閲覧数を稼ぐ行為は"集団リンチを見せつけて金を稼ぐのと同等の行為だ"として非難されています。

それがありもし

もっとみる

★#アメブロ 更新★
『【悲報】#ソフトバンク 大ピンチ!
基地局に #ファーウェイ を使用中 | #netgeek ←この記事の感想。』
https://ameblo.jp/sadohimajin/entry-12424615875.html

netgeek運営者バレる!?さらなる続報により窮地に立たされる! 会社所在地は自民党議員の連絡事務所(加筆)

netgeek運営者身バレで被害者の会呼びかけ、訴訟の段階へ

 本日、11月19日、netgeek関連で大々的な動きがあった。過去にnetgeekから被害を受けた経験のあるITコンサルタントの永江一石氏が、netgeek運営会社の謄本を自身のブログでアップ。謄本には社名「innovator's base」、代表取締役の大内彰訓という本名と事務所所在地、京都府福知山市末広町5丁目15と正確な住所ま

もっとみる

netgeek問題を著作権法違反の視点から考える

「netgeek」実態を関係者ら証言 誤報、炎上、マスコミ超える拡散力の舞台裏 https://www.buzzfeed.com/jp/takumiharimaya/netgeek01

netgeekに関しては、画像無断使用対策クラスタ(?)でも以前から話題には上がっていたのですよね。
netgeekの記事で使われている画像は、基本的に他サイトからの盗用です。

http://noorden.b

もっとみる
圧倒的感謝っ…!!書いてほしい記事のリクエストあればコメント欄に!
5

【ブログネット】保守系まとめサイト閲覧不可に。軒並みサーバダウンか?

10月28日(日)のブログネットです。

本日の話題です。

社会です。
元ソース、ねとらぼそしてブログネット独自の情報です。

所謂、保守系まとめサイトが軒並み陥落です。

「保守速報」「netgeek」などにDoS攻撃か サイト閲覧できない状態に
(ねとらぼ 2018年10月27日 18時03分 公開)
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1810

もっとみる

【C94新刊】月刊テキストマイニングレポートVol.016 誰がnetgeekをシェアしているのか:排外主義サイトの読者の研究

本記事は、2018年8月12日に開催された「コミックマーケット94」で第2新刊として刊行した同名のコピー本を元に作成したものです。

#netgeek #twitter #KHCoder

はじめに

2ヶ月連続で、このように正規ナンバーとは別の形で「月刊テキストマイニングレポート」を出すのは初めてですね。後藤和智です。え、第14号はどうしたって? すみません、もう少しお待ちください……。

さて

もっとみる

大塚家具久美子社長に恋をした?netgeekさんが過去に書いた恥ずかしいポエムを全部晒してみた

3年前に親子で泥沼の主導権争いを展開した大塚家具が、深刻な経営不振に陥っている。提携する他社と支援についての交渉を進め、場合によっては子会社化もあり得るとの報道が注目を集めている。
(大塚家具と提携会社は報道を否定)

 2015年のお家騒動では、大手メディアが面白おかしく「骨肉の争い」と称してエンターテイメント化していたが、バイラルメディアのnetgeek(ネットギーク)では連日、大塚家具の久美

もっとみる