見出し画像

生まれて初めて、遺影を撮って頂きました!

どうもWebクリエーターのheijiです。
もうすっかり春で、暖かい日々が続いてますね。

今日は、生まれて初めて遺影の撮影をしてもらったので、そのお話しをしたいと思います。

皆さん「遺影」って聞くとどんなイメージを持ちますか?

私がパッと思い浮かぶのは、暗い・悲しい・寂しいイメージでした。
昔、実家に置いてあったのが、おじいちゃんとおばあちゃんが、生前に撮っていた遺影でした。背景がグレーで、肌の見え方も良くないなと思っていました。それで、遺影に対してあまり良いイメージを持っていなかったんですね。

でも、撮影をしてもらって、そのイメージをガラッと変わりました。

撮影をしてくださったのは、「うえはた みき」さんというフリーランスのフォトグラファーさんなんですが、(うえはたさんについては後ほど詳しくお知らせします!)あるイベントでお知り合いになって声をかけて頂きました。

ちゃんとしたカメラマンさんに撮影して頂くのは、自分の結婚式以来だったので、緊張気味だったのですが、メールで「アンケート」が届きました。
それには、色々質問事項が書いてあって、「ちゃんとヒアリングしてくれるんだな〜」と思いました。
いきなり撮影本番!ってなると、ちょっと、どうしていいか分からなくて不安になりますよね。そこでもう嬉しいな、丁寧だなと感じました。

日程の調整をして頂いて、いざ撮影!
当日は私の好きなものを持っていって良いという事だったので、漫画・PC・ゲームなどなどを持って行きました。

そして、ヘアメイクもお願い出来るという事で、たくさんヌリヌリして頂き、至福のときでした!
また、ヘアメイクしている最中も私の好きな音楽をかけて頂いて、細かな気配りをされてるなぁと感じました。

素晴らしい機材もたくさん持ってきて頂いて、セッティングしてくださいました。カメラや機材の事は全くわからない私でも、総額何十万円?何百万円?しそうだなと思いました。

一番感動したのが、撮ってもらっている時、私が好きなゲームの話しをして下さったんですよ。
自然に笑顔になる感じで、撮影自体がすごく楽しくて、「もっと撮影してもらいたい!」と思いました。

こんなに自然な演出を考えてもらえる事がなかったので、とても嬉しい体験でした!

最後に旦那さんとも撮って頂いて、「今までで一番、私らしい写真」を撮って頂いたなと思います。


うえはたさん、本当にありがとうございました!

一生に一度は、絶対に撮る遺影だと思います。
その遺影を、どんな風に、どこで撮ってもらうかって大切だなと感じました。

思いの詰まった、あなたらしい遺影を撮るなら、是非「eae.photography」のうえはたさんにお願いしてみてください!

うえはた みきさんの情報はこちら
https://www.eae.photography/
優しくて、頼りがいのある素晴らしいフォトグラファーさんです!
Instagramの情報はこちら
https://www.instagram.com/2ofsoundphotograph/

それではまた、次の記事でお会いしましょう!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

6

heiji

【就職活動中】元服屋店員で、現在はファッション系Webデザイナーを目指してますheijiと言います。heiji-designという屋号で活動中。IT・コミュニティWizco運営メンバーです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。