見出し画像

陽だまりの粒Ⅱ ①

1990年10月27日(土曜日)

13:00 花畑 咲 宅前
快晴の秋空の下で農家が立ち並ぶ田舎道を自転車を飛ばして里香と智美が大急ぎで咲の家にやってきた。
「あぁ〜疲れた〜」「ニコチンパワーが切れてしまったよ〜」二人とも咲の家の片隅に自転車を置きながら息を切らしてゼーゼー言っている

「二人ともタバコの吸いすぎだって!
タバコはお肌と美容の敵だよ、里香ちゃん最近肌荒れ酷いよ…」
里香は悩んでいる肌の吹き出物を咲に指摘されて苦笑いしてしまった。

「二人共今から24時間禁煙出来るか?」
碧が悪戯っぽく二人に言葉をぶつけた。
里香と智美がタバコを吸い始めたのは
高校に入学して直ぐに中学時代の一つ上の先輩に誘われてからだった。
初めは直ぐに止められるだろうと軽い気持ちであったが、毎日毎日吸い続けているうちに
何時しかニコチン中毒になってしまっていた。

「参ったな〜、咲、雪野さんはやはりタバコ吸わないのか?」
困った顔をした智美が助け舟を出して貰おうと
咲に助けを求めた。

「和君はねぇ、タバコ吸わないよ!お酒も飲まないらしい!SxEだと偉そうに本人は言わないけど、私から見たらSxEとか関係ない大切な人だからね」
咲が顔を紅くしながら彼氏について力説すると

里香が「私と智美は、飲まない、吸わない、姦らないの真逆を行ってんだな(爆笑)」
里香の皮肉に誘われた智美も酷いといいながら爆笑してしまった。

「ごめんごめん」家の中から咲の姉の百合が出てきて急いで車のロックを解除した。
女子校生三人は、自分の楽器をワゴン車の後に積むと座席に座ると、

百合が運転するワゴン車は宮古に向かい走り出した。

#小説 #ラノベ #エッセイ #コラム #女子校生 #恋愛

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ご覧頂き感謝いたします( T∀T)
5

単球さん

ゆきちゃんのnoteでの姿で免疫細胞のため殺し屋で反日人種。 Twitter @chaosJapan
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。