hh1hijiri

立教大学体育会サッカー部/ 21歳/ 小さい頃から続けてきたサッカーについて考えを深堀りしたものを頭の整理兼ねて載せています。 ※発信内容は個人の見解です。 所属とは全く関係はありません。 twitter→@hiji1113

ただの日記やわこれ。

信頼はできるけどそんなに仲いいわけではない。 尊敬はしているけどああなりたいとは思わない。 そんな、ある意味今シーズンの相方でもある弊部の主務H君が自分のカテゴ...

後悔というツールとどう向き合うか

前回のnoteをTwitterに引用した時に、 https://twitter.com/hiji1113/status/1145969679321538560?s=19 「栗山はnoteの投稿を終わりにするのか?」 という風なニュアンス...

サッカーからの自立 ⑥大学サッカーとは

ここまでも書いてきたようにサッカーというものが、人を幸せにすることを持ってさらなる価値を持つということを望んでいます。 思考整理の目的も兼ねたこのnoteというツー...

サッカーからの自立 ⑤前提への回帰

ここまで、サッカーがいかに人を幸せにできるかが大事で、それこそが価値なのだと主張してきました。 ですが、プレイヤーである私(たち)はまず何よりも、「自分」を幸せに...

サッカーからの自立 ④内と外

サッカーの世界だけで生きていたらサッカーの言語しか知ることができません。 サッカーを続けてきた人間はきっと何かしらの理由でサッカーが好きです。 サッカーという活...

サッカーからの自立 ③ストーリー認知

応援されることの定義は 他者が自分のサッカーに感情の起伏を委ねる ことにあると思います。 つまり、自分の勝ちや成功に喜び、負けや失敗に悲しむ、悔しがる、といったこ...