見出し画像

地域ボードゲームをつくる会を開催

板橋区の歴史や地勢そのほかを盛り込んだ「地域ボードゲームをつくる会」を実施しました。
区内で「プレイフルいたばし」という活動をしている小澤さんをゲストに、自分たちの考える地域ボードゲームのアイデアを話し合ったり、すでに制作中の「外道バシッ!下頭橋」を遊んでみたり。とても楽しかったです。

小澤さんが現在「作りたいな―」と思っているのは「おばけ屋敷の宝石ハンター」というドイツのボードゲームをベースに、板橋区蓮根エリアの要素に置き換えた地域ボードゲーム。このゲームの特徴は、プレイヤー同士が競うのではなく協力してプレイするという点。とてもいいですね。
コンポーネントもすごく凝っていてワクワクさせるし、ぜひ実現させましょう。

時間の後半は、制作中の「外道バシッ!下頭橋」を4人でテストプレイ。1回目なんで、互いに遠慮がちなプレイとなりましたが、なんとなく遊びのイメージが見えました。説明書はもっと分かりやすく改善しようと思います。


そして最後には「めぐるスイッチ」への誘導で参加者にオッケーいただきました

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

通常のnoteサポートのほか、下サイトで紹介文の下の「オッケー」を押すと外部支援金の一部が私たちに入ります(押した人は無料、登録不要)。ぜひ「オッケー」もお願いします。 https://meguru-switch.com/project/project.cgi?pjid=5

スキありがとうございます! よろしければ他の記事もご覧ください。
2

ひらめきドア(ものづくり交流場)を作る会

東京都板橋区で「ひらめきドア」という、ものづくりの交流場の開設を目標に活動中のプロジェクトです。デジタルファブリケーションを活用して、地域や個人の小さな「あったらいいな」を実現し、心の交流はもちろん、ものづくりでも助け合えるまちを目指しています。

ひらめきドアの活動

板橋区のプロジェクト「ひらめきドア」による活動をまとめるマガジンです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。