見出し画像

ドネーションについて考える(おとなり大学)

「おとなり大学」2回目を開催しました。初参加の方も来てくれて、今回も10人に。今回のテーマは「ドネーション」について。山本さんからの発表でした。

画像1

画像2

チャリティーについて、山本さん自身が取り組んでいることを20分くらいで話題提供してくれ、その後は、みんなでフリーに話し合うという感じでした。メンバーのさりげないファシリテーションも含めて、いろんな話が飛び出し、ぴったり2時間使い切った感じに。

さまざまな観点の意見がたくさん出たので、あくまでこれを書いている松本の印象って話でしかないのですが。寄附や募金などに対する僕ら日本人の意識っていうものが、そうしたものが普及している国と比べて、どう違うのか、なぜ違うのか、興味が深まりました。デジタルマネー主流になるとどうなるって、部分も気になります。

次回と次々回、2回先までは発表者が決まり、今後もとても楽しみです。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

通常のnoteサポートのほか、下サイトで紹介文の下の「オッケー」を押すと外部支援金の一部が私たちに入ります(押した人は無料、登録不要)。ぜひ「オッケー」もお願いします。 https://meguru-switch.com/project/project.cgi?pjid=5

スキありがとうございます! よろしければ他の記事もご覧ください。

ひらめきドア(ものづくり交流場)を作る会

東京都板橋区で「ひらめきドア」という、ものづくりの交流場の開設を目標に活動中のプロジェクトです。デジタルファブリケーションを活用して、地域や個人の小さな「あったらいいな」を実現し、心の交流はもちろん、ものづくりでも助け合えるまちを目指しています。

ひらめきドアの活動

板橋区のプロジェクト「ひらめきドア」による活動をまとめるマガジンです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。