見出し画像

浮いた机の足を、3Dプリンターで解決。

コワーキングスペースでガタガタしていた机を3Dプリンターの補助具で直しました。すごく単純な3Dプリンターの使い方だけど、今のところイチバン、周囲が「おお~っ!」と喜んでくれる使い方のような気がします 笑

写真がブレブレですが、机の足が浮いていました。高さにして5-6mmくらい。机に体重かけるとガタッとなるので、飲み物が倒れそうで危ない。

そこで、足の形、大きさ、ずれを定規で測って、補助具の3Dデータを作成、プリントします。

データはFusion360で作成。外枠の大きい四角描いて押出し、内側の足サイズの四角描いて押出し(削り)。全体に丸みをつけて角をなくして完成。データづくりはたった5分。プリントに20分くらい。

冒頭の四角い足だけでなく、丸い足の机でもガタツキに対応。こちらは10mm近く高さを上げました。四角じゃない足は形を正確に測りづらいので、下に紙を敷いて、鉛筆でなぞって形をトレース。計測します。

3Dプリンターを使うと、対象物ごとの足の形、ずれの高さにあわせてデータをつくれるのがGOOD。これまでは、ティシュをつめて間に合わせていたり、なんとなく受け入れていたりした日常の不便を、デジタルファブリケーションで解決できるっていうことを大切にしたいです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

通常のnoteサポートのほか、下サイトで紹介文の下の「オッケー」を押すと外部支援金の一部が私たちに入ります(押した人は無料、登録不要)。ぜひ「オッケー」もお願いします。 https://meguru-switch.com/project/project.cgi?pjid=5

スキありがとうございます! よろしければ他の記事もご覧ください。

ひらめきドア(ものづくり交流場)を作る会

東京都板橋区で「ひらめきドア」という、ものづくりの交流場の開設を目標に活動中のプロジェクトです。デジタルファブリケーションを活用して、地域や個人の小さな「あったらいいな」を実現し、心の交流はもちろん、ものづくりでも助け合えるまちを目指しています。

ひらめきドアの活動

板橋区のプロジェクト「ひらめきドア」による活動をまとめるマガジンです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。