『マチネの終わりに』第八章(4)

 弁護士によるならば、非常にスムーズなケースらしく、子供も小さいだけに、条件の見直しに関しては、柔軟な内容となっていた。しばらくは、月の前半は、リチャードが日曜日から水曜日までの四日間、洋子が木曜日から土曜日までの三日間、ケンと一緒に過ごし、後半はその逆にするという取り決めで、夏季と冬季の長期休暇も含めて、年間を通じて丁度半分ずつ面倒を看ることになった。ヘレンと再婚し、姉のクレアの家族も近所に住んでいるリチャードと違って、ニューヨークに一人でいる洋子にとっては、容易ではなかったが、致し方なかった。

 離婚を決断してから、洋子にとって意外だったのは、クレアの態度の冷淡さだった。リチャードの両親もやはりそうで、当然と言えば当然だったが、その変化があまりに急激だったので、かつて自分に向けられていた彼らの優しさまでをも、彼女は寂しく振り返った。

 それぞれの新居も整わないので、しばらくケンは、今あるチェルシーの家で代わる代わる育てることとなった。家賃は、リチャードが支払い続けることとなった。洋子は、そこから歩いて行けるほどのグリニッチ・ヴィレッジにひとまず一人用の部屋を借り、リチャードとヘレンは、トライベッカに広い部屋を見つけたらしかった。

 正式に離婚が成立し、いよいよ今日の午後から初めて、リチャードとヘレンにケンを託すという日曜日の朝、洋子は、リチャードにケンの着替えやおむつ、お気に入りのおもちゃなどの一揃いを説明したあと、三人で、自宅近くのハイラインに散歩に出かけた。

 ウェストサイド線の支線で、長らく廃止されていた高架貨物線跡を、空中遊歩道として再開発した公園で、昨年の公開以来、近隣住民だけでなく、早くも知る人ぞ知る観光名所となっていた。

 方々にかつての名残の線路や枕木が覗いていて、複雑に屈曲した遊歩道の両端には、二百十種類に及ぶという様々な植物が緑豊かに植栽されている。

 晴天の清々しい日曜日で、まだ工事中の二十丁目よりも先を背にして、彼らはハドソン・リヴァーを右手に、ミート・パッキング地区の方に南下していった。

第八章・真相/4=平野啓一郎 石井正信・画

#マチネの終わりに

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

35

平野 啓一郎

小説家です。著書は小説『ある男』『マチネの終わりに』『空白を満たしなさい』『透明な迷宮』、エッセイ『私とは何か「個人」から「分人」へ』など。

『マチネの終わりに』後編

毎日新聞連載中の小説『マチネの終わりに』1話から読めます!#マチネの終わりに をつけた、この作品に関連する投稿作品募集中
1つ のマガジンに含まれています

コメント3件

離婚を決意してから意外だったのは、「クレア」の間違いではないですか? ヘレンは最初から冷たかったし…。
わたしもその部分、気になりました!
trinaさま、sato.nikkeiさま、いつもお読みいただき、ありがとうございます。
ご指摘いただいた箇所、間違いでしたので修正させていただきました。(スタッフ)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。