『マチネの終わりに』第八章(20)

 向かい合って座ると、しばらく沈黙が続いた。

 目の前に、蒔野の子供を宿した女が一人座っている。洋子は、かつて自分が、どれほど強くそれを夢見ていたかを思い出した。そして、彼が結局は、別の女性を愛し、今も愛しているというだけでなく、自分自身の年齢的にも、それはもう、不可能な願いとなってしまったことを自覚した。時の流れを感じ、その辛さに耐えられなくなって、

「話って、何かしら?」

 と水を向けた。

 早苗は、話の端緒を掴めないまま、カップに手を掛けていたが、促されて急に快活な表情を見せると、澄んだ眸で洋子を見つめた。

「わたし、……中高と、私立のミッション・スクールに通ってたんです。」

 意外な切り出しに、洋子は、「……ええ。」と曖昧に応じた。

「洋子さんって、クリスチャンですか?」

「いえ。」

「わたし、キリスト教って、よくわからないんですよねー。授業でいつも聖書を読まされましたけど。特にあの、……マルタとマリアっていう姉妹の話、ありますよね?――イエスが家に来た時、姉のマルタは、彼をもてなすために一生懸命働いてるのに、妹のマリアはただ、側に座って話を聞いてるだけ。それで、マルタはいらっとして、イエスに、妹に手伝うように言ってくださいって訴えるんですよね。そしたらイエスは、庇ってくれるどころか、マリアの方が正しいって言うでしょう!?」

「……『マルタ、マルタ、あなたは多くのことに思い悩み、心を乱している。しかし、必要なことはただ一つだけである。マリアは良い方を選んだ。それを取り上げてはならない。』……」

 洋子は、イエスの言葉を、その意味を噛み締めるようにして引用した。早苗は驚いて声を上げた。

「すごい! 聖書を全部覚えてるんですか?」

「まさか。色々と問題になる箇所だから。」

「それでもそんなにスラスラ言えちゃうなんて、……あれって、どういう意味なんですか? 洋子さん、おかしいと思いません?」

第八章・真相/20=平野啓一郎 石井正信・画

#マチネの終わりに


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

33

平野 啓一郎

『マチネの終わりに』後編

毎日新聞連載中の小説『マチネの終わりに』1話から読めます!#マチネの終わりに をつけた、この作品に関連する投稿作品募集中
1つのマガジンに含まれています

コメント1件

辛い場面です、愛を切望した人の子供をやどした女性との空間、自分には決して得られない辛さ。こちらも苦しくなる展開で洋子さんがこれ以上傷つけられるのではと心配です。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。