『マチネの終わりに』第九章(8)

 普段は震災関連の記事ばかりなので、些か唐突で、一体どういう人なのだろうと話題になった。理解者がいるということに、彼は慰められ、強く心に残ったが、それを書いているのが洋子だとは夢にも思わなかった。

 洋子もまた、自分の記事を蒔野本人が読んだかどうかは知らなかった。

     *

 蒔野の《無伴奏チェロ組曲全集》は、二〇一二年二月初めに発表された。洋子の愛聴した旧盤は、今でも雑誌のクラシック特集などで、この作品の〈必聴盤〉に挙げられる彼の代表作だが、その演奏を震災後に更新することに、彼は特別な意味を感じていた。

 録音はロンドンのアビイ・ロード・スタジオで三日がかりで行い、定評のあるポスト・プロダクションにもかなり細かく口を挟んだ。スタジオを選定したのはレコード会社で、ビートルズには思い入れがないものの、クラシックの録音でも有名なここでの作業を蒔野も楽しんだが、CDが発売されると、散々「あのアビイ・ロード・スタジオで録音!」と喧伝されて気恥ずかしくなった。

 アルバムの出来映えには満足していた。国内外で一斉発売され、不安だったが、評判は上々だった。「救われた。」といった普段は聞かない感想の言葉にも多く接した。取材では、彼自身の“スランプ”のことや子供の誕生のことなどを質問され、当然に震災の影響についても尋ねられたが、それにはただ心境を語る程度だった。一年は経ったものの、津波被害からの復興にせよ、原発事故の後始末にせよ、まだ進行中であり、あまりに規模も大きく、うまく言葉にならなかった。

 何を売るにも難しい時期だったが、蒔野にとって予想外だったのは、《レコード芸術》の〈特選盤〉となっただけでなく、フランスで最も権威のあるクラシック音楽専門誌《ディアパゾン》の金賞を受賞し、話題となったことだった。更には、CNNの震災特集番組の中で、地震直後の横浜でのコンサートとバッハのレコーディングの映像が流れたこと、ネット上に《この素晴らしき世界》の楽譜を掲載し、世界中のギター愛好家に公開レッスンをするという野田の企画が、ここに来てうまく行き始めたことなども手伝って、ビルボードのクラシック・チャートでも十位以内にランクインしたという連絡を受けた。

第九章・マチネの終わりに/8=平野啓一郎 石井正信・画

#マチネの終わりに

----------

『マチネの終わりに』読者のみなさまへ

今後の『マチネの終わりに』についての最新情報、単行本化のことなど、平野啓一郎よりメールでお伝えします。ご登録お願いします。

登録はこちらから
▶︎ https://88auto.biz/corkinc/touroku/entryform4.htm

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

32

平野 啓一郎

『マチネの終わりに』後編

毎日新聞連載中の小説『マチネの終わりに』1話から読めます!#マチネの終わりに をつけた、この作品に関連する投稿作品募集中

コメント4件

いいニュースにほっとします。震災当時が思い出されます。そして今を思います。音楽は支えになりますね。
震災のことが出てきたのは唐突なような気がしましたが やはり必然なのでしょうね。洋子の記事が蒔野との絆を感じさせられました。見えないところで繋がっているというか。。。
平野さん ありがとうございます。
いよいよ もうすぐこちらでも終わりですね。
物語がどういう風に終わるのか 興味深く待っています。
記事が繋ぐ想い、洋子の記事だといつか伝わりますように。

長い暗闇から抜け出せたのも洋子との会話からもあります。
結果として素晴らしい活躍になり本当に良かったです。

あの早苗さんの洋子さんの存在は蒔野さんの音楽活動に差しさわりあると言う
誤解も解けてほしいです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。