冬の握手

秋さびてこんな夜思い出すひとは星の器と飛び降りしひと


清らかな部屋がここにはないですが異国の人のひと日の祈り


タクシーも夜を走らず水を煽り水吐く男の髪の光ゆ


握りしめしこぶしを前に背の低い灰色の男わたしの父親


夕べ梳く髪の重たさ紀伊よりのやや長き地震に揺らされていつ

(地震=ない)


身に憶えなき青き火を入れられて光れる肩で息づきており


真暗の海が柩のなかに来るわたしのなかにいたくゆっくり




地震怖いなあ、怖かったなあと思い、まわりの人に怖かったと言って、やっていたことに戻ることが、地震が起こったときの自分のなかの儀式みたいになっている。転入生と握手をしたという。異国の人、清らかな部屋でお祈りをするのだけれど、ここには清らかな部屋がない。


#短歌

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。