ひよこぷりん

白い歯をきりり、と立ててレモンにも嫉妬していた恙無い君///BISONで歌を詠んでいます。気が向いた時に、短歌や雑文を書きます。

恋は、

恋は、まるで自分の全てを相手が許容してくれるかのような、自分そのものに相手が惹かれてくれたような錯覚を与えてくれる。

自分とは何か、精神性か、身体か。そのどちらもか。わからないけれど、なんだかとにかく全部が全部たいそうな赦しをえたような、何も頑張らずに生きてていいような、そんな気持ちになってしまう。

あなたに全てを投げ出して、それでいいんだと、そうであったらいいと、もうそれはまごうかたなき宗教

もっとみる

夢でkiss kiss kiss kiss ki

最近、朝ごはんで食べたいもの。
スコーン、どら焼き、コロッケパン、いちごジャムぱん、カマンベールチーズ、とろけるチーズ、とろけないチーズ、口がズタズタにならないはすはすのフランスパン。

最近、午前中に飲みたいもの。
花の匂いのする緑茶。果物の香りもすればなおよし。
きりっとしたアイスカフェラテ。ふわっとしたミルクティー甘め。

お昼ご飯と夜ご飯は感覚が鈍くなっているのでわかりません。
でも、生姜

もっとみる

奴隷になって、奪われたいので。

「I wanna be your dog」といえば、使い古されたフレーズだけれども、最初に思い出されるのは岡崎京子だ。「わたしは貴兄の玩具なの」という彼女の訳は震えるほどセンスがあるが、個人的には「あなたの犬になりたいの」の方がしっくりくる。玩具には意思はないけれど、犬には意思があるから。まだ見ぬあなたに尻尾を振って平伏したい。というか、そうしたくなるくらいの魅力的な誰かに出会いたい。自分が自分で

もっとみる

夜のこと

夏の涼しい夜は、ずっと明けて欲しくない。窓を薄く開けて、くるりを流して、吉本ばななや江國香織じゃちょっと着きすぎているから、横光利一を読む。

涼しくても喉は渇くので、冷たい緑茶を置いておく。わざと濃く水出しして、コップに氷をたくさんいれて注ぐ。ハーブティーとか軟弱過ぎるのは眠くなるからだめ。ほんのり脅かしてくるお茶がいい。

電気の輪はひとつ。少し薄暗いくらい。おへそも脚も出るようなあんまりの薄

もっとみる

恋のこと

わたしにとって、27歳の2月まで、恋は至上の喜びで、歓びで、悦びの宝物だった。催眠術にかかったような快楽(けらく)で、渦中にいるときは、そのこととその人以外なんにも興味がなかった。

ぐっとのめり込んで全部を捧げるような恋は、24歳からの3年間にふたつ。

ひとつは恐ろしく悲しくて最悪の恋愛で、もうひとつは嬉しくて幸せで最高の恋愛だった。

でもどちらも、両極という点では非常に強くわたしの心を満た

もっとみる

こいびとの

こいびとの柔らかいとこくすぐったい痛くないからあなたもはずれ