リサイクルショップ巡り

僕はリサイクルショップが好きだ。

行ったことない人は人生の30%は損している。

大型店舗は品揃えが凄くて軽く博物館みたいになっている所もある。昭和の物は見るだけでも面白い、普段目にすることのない物がいっぱいだ。

苦手な方でも博物館見学と思えば。ノスタルジーを感じることが出来ると思う。

ぼくを虜にする理由は掘り出し物に出会えたり、新しい発見がある。

今の物にはない、雰囲気や物の質感が感じ取れる。昔の物は良く出来ているのだ。

好きすぎて九州の70%は制覇している。

こんだけ見て回るとリサイクルショップのコンサルタントが出来る位に知識がつく。

買取に持ってきた金額に聞き耳立てると、憎い程買い叩いているのだ。

安く買い叩くのは別にいいのだ!安く店頭に出る可能性があるからだ。

絶版品やバブル期の高額、高級品、ビンテージ品、アンティークなどマニアックな物、専門知識が必要な物が狙い目である。

知識の無いアルバイトが値付けしたりしているので、思わぬ物に出会う。

1000円で10万円価値ある物に出会えたりするのだ。

#エッセイ #小説 #リサイクルショップ


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

みどり色のお茶

好きなように、生きる。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。