カスタマージャーニーマップはKeynoteでつくると便利

みなさん、カスタマージャーニーマップは何のツールでつくっていますか?15VISIONではメンバー 2 人がてんでにイラストレーターやら Adobe XD やらでつくっていたのですが、最近は、Keynote でつくるのが一番効率よいことに気づいて、フォーマットを共有して使っています。

2018.3.1追記 - 簡易ペルソナも記入できるようにした新バージョンを公開しました。

ダウンロードはこちらから
※ 再配布不可、自己責任でご利用下さい。

各項目に書き込む箇条書きのテキスト枠を設けてあるので、さくさくっと書き込めます。数週間使用して、Keynote でフォーマットをつくってよかったなと感じた点を以下に挙げます。

感情曲線を描きやすい

コネクタで結んだ円の図形を移動させるだけで感情曲線を描くことができます。イラストレーターとかだとこれがめんどい。
2018年1月5日追記
Twitterで@DTP TransitさんがIllustratorでも感情曲線を作成しやすいことをツイートされていました。めんどくなさそうです。

プロジェクトメンバーと共有できる

Mac を使っているという前提ですが、互いに編集できる形式で共有できるのはよいですね。カスタマージャーニーマップをオンラインで作成できるツールもありますが、使い慣れたツールでつくれた方がよいと思います。

Keynote にもともとある図形が結構使える

スマホ、パソコンなどの図形でデバイスを示せるし、車、電車などの図形で利用シーンを表現できます。

せっかくなので、データを共有します。

15VISION の 2 人で使うのももったいないので、使いたい方がいたら、下記のリンクよりダウンロードしてお使いください。

ダウンロードはこちらから
※ 再配布不可、自己責任でご利用下さい。

仕事で役に立ったりしたら、下のボタンからサポートしてくれたら嬉しいです。PowerPoint の形式で保存したら、そのままつかえるのかな?需要があれば試してみますので、Twitter なりでお声がけください。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

美味しい珈琲を飲んで役に立つかもしれない記事を書きます!おなしゃす!!

80

いちがみ

Keynote万能説

Keynote万能説を唱えたい。
9つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。