2013年1月15日の日記


 昨日は雪が降っていた。ニュースでは降らないのではないか

といっていたが、予測とは違って大雪となった。朝の時点では

まだ雨だったのだが、昼寝をして目を覚ますとかつてみたことの

ないほどに大粒の雪が限りなく空を舞っているのが

窓を通してみることができた。

 ニュースでは、「爆弾」などという修飾語をつけられた

低気圧のせいでこんなに大雪になったのだといっていた。

大陸からやってきた高気圧と海からやってきた低気圧が

丁度日本列島のあたりでぶつかり、上昇気流が生まれて

その結果かつてないほどの低気圧が生じたのだろう。

そして大量の雲がはじき出した雨が氷点下の寒さで

凍ってかつてないほどの大雪になったというところだろうか。


 大雪を見ると雪の中で息絶えた親子のことを思い出す。

誰にも省みられることもなくひっそりと凍り付いて

どこか別の世界へ旅立っていってしまったあの親子の

ことを思い出す。

 今日はうってかわって快晴。屋根につまった白い雪も

はや融けはじめている。


 今日は久しぶりに朝からコーヒーも飲み、なかなかの

上気分である。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!励みになります。
2

母音

大学卒業後ずっと書き続けていた日記や雑文や小説などを投稿していこうと思います。面白いかどうかはさておいて、とにかく量だけはたくさんあります。今までそれしかやってこなかったからです。試行錯誤しながらやっていきたいと思っています。

2013年の日記

2013年の日記などをまとめたものです
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。