ファンダメンタルバリュー向上を加速させるアナロジー感覚

こんにちは。オンクです。
週刊恋愛サロンももうかれこれ第60号を越えました。テクノロジーまわりは一周した感がありますが、個人的には標準化したり、自動化したりとまだまだ興味あるネタはたくさんあります。

・スマートスピーカーを使用したLINE自動テクノロジー
・成功(性交)率を高める合コン戦略&ルーティーン
・童貞卒業ベストプラクティス
・店員ナンパプロトコル
・ホロリと泣かせる教祖ルーティーン
・全国のモテるレストランマップ
・ア○ウェイ女子を彼女化して更生するまでの全記録

などいろいろ画策しているのですが、他にもやりたいことがたくさんありすぎて全然進んでません(笑)。テクニカルな話はこれからも順次アップデートしていきますのでご期待ください。
先週、先々週とコミュニケーションをテーマに非日常を日常にシフトさせる考え方や方法論について紹介してきましたが、実はこのモテ→日常を繋ぐところってすごく手薄なんですよね。というかほとんどない。自分なりに考察すると、これはモテ×ビジネスのどちらもイケる人材が極めて少ないというのと、モテると金稼ぐ目的を見失いがちなのが理由かなとなんとなく思っています。ビジネス面は個人で受注したコンサル案件がポシャったり株で大損したりと踏んだり蹴ったりなので、頑張っていきたいと思います(笑)。
僕自身はわりと妄想癖がある方なので、モテ始めた当初は日常で遭遇するあらゆる物事が恋愛工学のフレームでみえました。契約をグダるクライアント、生理中のヒステリックロジカルクソBBA、特定の取引先に非モテコミットする上司etc...。必ずというわけではないですが、こうしたフレームのおかげで一歩ひいて冷静な判断ができるとか思い悩まないとか多少なりともいいことがありました。非日常と日常を繋ぐヒントはここにあるのかもしれません。今回はそのあたりを紐解いていこうと思います。よろしくお願いします。


非日常と日常を繋ぐアナロジー感覚

週刊恋愛サロン第61号『ファンダメンタルバリュー向上を加速させるアナロジー感覚』と同じ内容です。マガジン購読するとPuANDAさんムッタさんの記事もあるので1記事あたり約100円で読めてオトクです。)

この続きをみるには

この続き:5,351文字

ファンダメンタルバリュー向上を加速させるアナロジー感覚

オンク

290円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4

オンク

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。