日曜日の朝は


グラント・グリーンはブルーノート創始者であるアルフレッド・ライオンに最も愛されたギタリスト。演奏スタイルは個性的でコードは一切弾かずに単音弾きしかしないちょっと反則的な人。まるで管楽器を演奏しているかのようにギターを操る天才だ

「Sunday Morning」はグラント・グリーンによって作曲された。グリーンは自身をジャズ・ギタリストとはあまり思っていなかったようで普段はジャズは聴かずにR&Bばかり聴いていたらしい。その影響もあって、この歌うようなギターが完成したのだろう。上手く弾ける人はたくさんいるけれど、歌うように弾ける人は滅多にいない。唯一無二の存在と言っても過言ではないだろう

グラント・グリーンのスタイルはジャズファンの間でも意見が真っ二つに別れていて、否定的な意見も少なくはない。でも、ぼくはジャズギタリストの中ではいちばんよく聴いているし、ジャンゴ・ラインハルトと同様の天才だと思っている

グリーンの事については後日、あらためて書きたい。噛めば噛むほど味が出てくるサウンドはもはや麻薬的だ。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートして頂けると今後の創作活動の意欲になります。

既読♡
5

Hiro-pon

音楽

コメント4件

普段はクラシック一辺倒ですが、たまに無性にjazzが聴きたくなるときがあります。無知なので色々教えてください✨
僕もそんなにjazzは詳しくないですよ😃kanaさんには僕の知らないことを色々と教えてもらっています✨
そう言って頂けると嬉しいです😊2つの世界が重なって膨張したら、素敵な宇宙になりますね🌌
太陽系銀河とアンドロメダ銀河がいつか衝突するように、宇宙も出会うことによって進化しているのですね🌌
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。