キリマンジャロの雪

「愛してないね。これまでだって」
「何を言うの、ハリー?どうかしてるんじゃない、頭が」
「いや。もともと頭なんかないんだよ、おれには」

豹がキリマンジャロの頂上を目指したのは、きっとそこが自分の死ぬべき場所だと知っていたからなのかもしれない。迷ったら頭なんて捨ててしまえばいい。心ゆくままに。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートして頂けると今後の創作活動の意欲になります。

Open Your Heart
5

Hiro-pon

本の紹介

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。