ビブリア古書堂の事件手帖

日本人の二人に一人は本を全く読まないらしい

本に対する愛が伝わってくる作品。夏目漱石の「それから」と太宰治の「晩年」をめぐり物語が動き出す

どんな人間も、限りあるページに綴られた一冊の本のような存在なのかもしれない。


自信モテ生キヨ 生キトシ生クルモノ スベテ コレ 罪ノ子ナレバ(太宰治)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートして頂けると今後の創作活動の意欲になります。

今日もありがとう
3

Hiro-pon

映画

コメント1件

小説は読むのに根気がいりますが文豪と呼ばれた人達の作品にはそれだけの価値があるのだと思います。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。