頼朝と政子は何を見ていたのか 【歴史奉行通信】第十二号

こんばんは。
伊東潤メールマガジン「第十二回 歴史奉行通信」をお届けいたします。

〓〓今週のTopic〓〓

1.『修羅の都』発売によせて
2.伊東潤Q&Aコーナー
3.お知らせ奉行通信
<新刊情報 / 読書会 / メルマガバックナンバーお知らせ>

━━━━━━━━━━━━━━━
1. 『修羅の都』発売によせて
━━━━━━━━━━━━━━━

さて、いよいよ明日22日、新作が発売されます。

『修羅の都』というタイトルの長編小説です。
公明新聞に2016年5月から一年間にわたって連載していたものに大幅に手を加え、なんと結末まで改変しました。

今回の作品の舞台となるのは鎌倉時代初期。
頼朝と政子が手を携えて鎌倉幕府の基盤を作っていた時代です。

平家が滅亡した後ということもあり、この時代についての印象は薄いかもしれませんが、
実際は義経や奥州藤原氏との戦いもあり、
また頼朝と後白河院との政治的駆け引きも熾烈を極めた激動の時代でした。

今回は、とくにこの時代の最大の謎と言われている
『吾妻鏡』の空白の四年間にメスを入れ、独自の解釈を施しています。

それだけでなく政子の内心にもスポットを当て、濃密な人間ドラマに仕上げています。
詳しい内容については、下記のHP用に書き下ろした作品紹介をお読み下さい。

**************

『修羅の都』発売によせて

武家政権の樹立という歴史的大事業を成し遂げた源頼朝の足跡をたどりつつ、女としての幸せを犠牲にしてまで、
夫頼朝の作った武家政権を守ろうとする北条政子の生涯を描いた作品が、『修羅の都』です。

鎌倉という閉塞空間に渦巻く憎悪と怨念は、いかにして生まれたのか。
血縁者や御家人たちの死骸の果てに、頼朝と政子は何を見ていたのか。

栄光に彩られた武家の都の裏面に渦巻く濃密な人間ドラマをお楽しみ下さい。

日本は武士による統治が長く続いた国であり、その力による支配は、
われわれ日本人の遺伝子に深く組み込まれています。
そうした武士のメンタリティが悪い面で出てしまったのが明治維新後に行われた対外戦争、とくに第二次世界大戦であり、
よい面として出ているのが、「反個人主義」や「他のために生きる」という考え方です。

この続きをみるには

この続き:3,835文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

歴史小説家 伊東潤が毎月第一・第三水曜日に配信しているメールマガジン【歴史奉行通信】。 歴史に関する情報や作品制作秘話、伊東潤が読者の...

または、記事単体で購入する

頼朝と政子は何を見ていたのか 【歴史奉行通信】第十二号

伊東潤

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます
2

伊東潤

伊東潤メールマガジン【歴史奉行通信】

歴史小説家 伊東潤が毎月第一・第三水曜日に配信しているメールマガジン【歴史奉行通信】。 歴史に関する情報や作品制作秘話、伊東潤が読者のお悩みに直々に答えるQAコーナーなど、伊東潤の魅力に迫る内容です。 noteでは今までのバックナンバーをご紹介。 最新メルマガをご希望の方は...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。