「はじめまして」と食と農のおはなし。

はじめまして、松本 純子 と申します。
食と農を管轄する中央省庁に勤務しています。

食べることが好きで、特にお料理が大好き。

ひとり暮らしなのですが、常に誰かと食べているかのように妄想しながら愛情を込めて作っています(←書いてて少し悲しくなりました 笑)

松本 純子
中央省庁に勤務。「生産者と消費者それぞれの思いを繋げたい」との思いから、フードアナリストや野菜ソムリエの資格を取得。新聞・雑誌の記事執筆や、食農料理家としてレシピ作成、地域の特産を活かしたメニュー開発のアドバイザーなどをする。休日は日本の(NI)農業(NO)を考えるNINO FARMにて野菜作りをしたり、全国の畑に出向き農場カメラマンとなるなど日本全国の美味しい食材の魅力をフォトジェニックに発信する。東京都在住。愛媛県出身/砥部焼大使。

|仕事のこと

私はこの省庁の仕事に就いてから、4回転勤しています。省庁というとかっこいい響きかもしれませんが、地方での勤務は作業着で泥まみれの牛のふんまみれなんてことも多い仕事でした。
各地域で農業の現場を目の当たりにし、農業の素晴らしさに感動するとともに、このままでは、日本の食の未来は危ない!…と思うこともしばしば。

そこで意を決して、4年前に上京しました。
中央省庁での勤務は、想像を超えるハードさで、周りの職員の優秀さに驚き、妥協を許さない国の農政に驚き、そして…自分の勉強不足に反省する日々。

このnoteでは、食と農の情報を発信していきますが、一番に自分の勉強になるものでありたいと思って書いています。

|食のこと

いつも食のことを考えています。仕事では常に食の情報が降り注ぎ、目を通す資料も食関係。ゆえに四六時中飯テロ状態ですので、ダイエットが難しいのです(←言い訳)

それでもなお、食のことを知りたい欲求は止まりません。なぜ、私が情報発信するのか。それは「情報が欲しいから」にほかなりません。発信すればその倍の情報が入ってくるし、人と人を繋げるとその倍繋いでもらえる。それは、私が確信を持っていることのひとつです。(InstagramFacebookTwitterもやっています)

|農のこと

転勤で各地域を転々とした経験や、東京に住む今でも全国の産地をたびたび訪れていることから、私はその地域でしか知り得ない美味しい食材をたくさん知っています。その食材のよさを活かす最高の食べ方知りたくて、日々レシピを探求しています。
ある日、生産者から嬉しいことを言われました。「純ちゃんに食べてもらうと、野菜を頑張って作ろうと思える」と。

私が自分自身のためにやっていることで、なぜか作り手の生産者が喜んでくれるのです。

そんな気持ちを知りたくて、2年前に週末農業サークルも始めました。


NINO FARMはNI(日本の)NO(農業を)考えるFARMです。今は東京(恵比寿)で10種類程度の野菜、埼玉県の棚田で黒米作りをしています。詳しくはプレゼン資料Facebookページを覗いてみて下さい。

人は何かを作るときに何を思いながら作るのでしょうか。野菜を育てて初めて気づいたことは、自分のことよりもそれを手にする誰かのことを思って作るということでした。

そんな思いをうまくすくいあげて「食」と「農」の双方を理解し伝えることができたなら。

日本の食と農に思いを馳せて。これからもどうぞよろしくお願いします。

お問い合わせは こちら

|これまでの活動実績

◉講演◉
「地域の魅力ある食について考えよう!食のブランド化講演会」(2016/8/29)
渋谷ヒカリエ「HAPPY WOMAN FESTA」にて「トレンドから食の未来を考える」 (2017/3/8)
・六本木アークヒルズ「HAPPY WOMAN BUNKASAI」にて「食の魅力の伝え方」(お野菜ブーケ作り体験付き)(2017/11/11)
・ 「アンテナショップ 砥部町」で砥部焼の盛付けワークショップ(2017/9/9)
FARM PARK Project「プレミアムファームデー」で「農=⽣産ではない、農の多⾯的価値を考える」(2017/5/26)
「アンテナショップ砥部町」で砥部焼の盛付けワークショップ(2018/9/21)
・「 TURNSカフェさっぽろ圏」にて「食と暮らし」

◉審査員◉
「にっぽんみのりキッチン~日本の農業を知る! 地域食材料理コンテスト~」(2016/12/11)
・(一社)日本健康食育協会主催「健康食育AWARD2018」(2018/2/22)
山梨市ふるさと振興機構「山梨ふるさと料理コンテスト」

◉委員等◉
・愛媛県伊予郡砥部町 「砥部焼大使」
・愛媛県伊予郡砥部町「商工会飲食店メニュー開発委員」副委員長

◉イベント企画(料理教室)◉
妄想調理実習 IN 霞が関ばたけ~インテリめがね男子編~(2016/6/28)
・妄想調理実習~微笑みの貴公子編(2016/12/3)
妄想調理実習~農業の担い手編~(2018/2/24)
妄想調理実習~栄養士の彼女編~ (2017/8/27)
親子で楽しむ「いちごの絵本料理教室」

◉雑誌掲載、メディア出演◉
「栄養と料理2017年10月号~食の仕事人」
・フードアナリスト名鑑「Savarin-サヴァラン-vol.39」
愛媛新聞「東京えひめ人」(2017/12/10)
「ヒルナンデス!」の農業女子サークル企画に出演(2018/5/15、6/8)
クックパッド主催「クリエイティブ・クッキング・バトル」に「チーム農林水産省」で準決勝出場

◉レシピ掲載◉
ライフデザインマガジン「HAPPY WOMAN」へ農林水産省 「日本を応援!鯛つみれで国産たくさん鍋」 が掲載(2017/11)(レシピ→
「クックパッドのおいしい厳選!ご飯・丼ものレシピ」へレシピ掲載
「いますぐ食べたい! クックパッドのカレーレシピ」 (TJMOOK)へレシピ掲載(2016/6/7) 

◉ケータリング◉
黒米を味わう「BLACK RICE PARTY」で「食べチョク(中里自然農園)」の野菜を使用したケータリング
・愛媛県×東京FM×TURNS主催「愛顔えがおのひめParty!」で愛媛県産食材を使用したケータリング(2018/12/7)
「 TURNSカフェさっぽろ圏」にて札幌食材を使用したケータリング

◉執筆◉
・朝日新聞コラム「びんご案内人~食~」(2014/3~2016/3)
・中国新聞フリーペーパー「CUE」(レシピ連載)
「農業応援隊 vol.19」にて「たいよう農園 バズーカー経営で農業の未来を創る」(2017 summer)

◉農業サークル NINO FARM◉
農業・農村・農業女子サポーターズマガジン「農業応援隊」の表紙へ掲載(2017 winter)
・My Farm「つくる通信」に掲載(2017/9)
「新米を食べよう!RICE PARTY!」開催(2017/10/22)
・六本木アークヒルズマルシェでHappy Yellow Curry食材提供(2017/11/11)
NINO FARM さといも掘り体験@おかもファーム (2017/11/25)
・Farm Park Project 「Diverse Hands , to Agriculture」連載企画(2018/1)
「黒米を食べよう!BLACK RICE PARTY!」開催(2018/11/17)

この記事が参加している募集

嬉しい♡
21

松本純子

中央省庁に勤務。日本の食と農に思いを馳せる妄想料理家。休日はNINO FARMにて野菜作りをしたり、全国の産地に出向き美味しい食材の魅力を発信する。フードアナリスト、野菜ソムリエ / 愛媛県出身/砥部焼大使。記事は全て無料。

【ライブラリ】notes

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。