金のカブレラ

フロンターレが大好きです!マッチプレビュー、マッチレビューをゆるく書いてます。

第10節 対ベガルタ仙台〜真っ赤なお鼻のトナカイさん〜

令和初の試合となったベガルタ仙台戦。
怪我人続出のフロンターレは脇坂がリーグ初スタメン。ジェジエウが初出場となった。
長谷川と学というタイプの違うドリブラーが両サイドを担った。

怪我人続出の中でチャンスを掴んだメンバーがどれだけこのチャンスを活かせるかがこの試合の見どころといってもいいほどだった。

思えば一昨年のアウェイ仙台戦も怪我人続出の中でチャンスを掴んだ長谷川、森谷のゴールで勝利した。

もっとみる

3月13日 ACL シドニーFC戦 マッチレビュー

毎回言っていますが試合を見て思ったことをそのまま書いています。根拠はありません。

ゼロックスで勝利して以降公式戦1敗3分と波に乗れない中で迎えたACLのホーム開幕戦。

フロンターレは悠とダミアンでツートップを形成し、守田が右SBに入って4-4-2でスタート。
Jリーグ第3節のマリノス戦に続いて4-4-2ということで鬼木監督の中でも4-4-2になんらかの手応えを得たのであろう。

試合開始

もっとみる

3月10日横浜Fマリノス戦マッチレビュー

先に言っておきます。見て思ったことをそのまま書いています。根拠はありません。

予想されていた通りにフロンターレは4-4-2でスタート。大島がアップで負傷というアクシデントより急遽碧がスタメンに抜擢。

序盤はお互いにラインを高く保ちコンパクトな中でパスを回し、主導権を握ろうとする。
ディフェンスではFWがディフェンスラインにプレスをかけて自由を与えない。

そんな中で迎えた前半4分。相手GK飯倉

もっとみる

3月10日横浜Fマリノス戦マッチプレビュー

先に言っておきます。このプレビューに根拠はありません。直感です。適当です。悪しからず。
3月10日のマリノス戦の予想フォーメーションは以下のようになっているようだ。

注目すべきはダミアンと知念のツートップ。2人とも足元の収まりの良さやポストプレーが長所であり同じようなタイプのFWに見えるが知念には裏に抜ける動きやパンチのあるシュートがあり、ダミアンには献身性や周りを動かす力がある。この2人が連動

もっとみる