元モバオク社員がメルカリに初挑戦したら3日間で5品も売れた件

大学を卒業して初めての仕事は、当時一世を風靡していたケータイ専用オークションサイト「モバオク」の運営だった。カスタマーサポートから始まり、新機能の企画、リスティング広告の運用まで色々と経験したが、物をあまり持たない主義の僕はあの時以来オークションサイトの類を利用していなかった。

最近巷ではメルカリというフリマアプリが流行っているらしい。確かに3年程前、まだメルカリがリリースしたばかりの頃、カナダに赴任していた僕はNintendo Wiiをメルカリで購入し取り寄せたことがある。しかし、未だに出品経験はなかった。もう2017年だというのに。

僕は購入履歴にWiiのみが残るアプリを立ち上げた。実はどうしても売ってしまいたいものがあったのだ。

2016年、僕はダイエットに明け暮れていた。おかげで体重を10kg落とすことに成功し、見事イケメンになったわけだが、ひとつだけ思わぬ副作用があった。全てのズボンがブカブカで履けなくなってしまったのだ。この損失は極めて大きかった。せめて少しでも赤字幅を縮小したい。そう思い、出品を始めた。

出品作業はたった5分

メルカリを立ち上げると、一番目立つ場所に出品ボタンがある。そこをタップすると、まずは商品写真の用意だ。もちろん商品をただ撮影するだけでも良いのだが、メルカリにはご丁寧にも一通りの画像編集機能が揃っている。基本的な画像補正から始まり、フィルタやミーム(Meme: 米国で流行っている画像に文字を入れて面白おかしくする機能。日本だと"ボケて"みたいなもの)まである。商品画像なんだから、あまりに実物とかけ離れてしまっては良くないと思うものの、ある程度のお化粧は必要なのだろう。僕もサギ写と怒られない程度に画像を加工した。

続いて、商品説明の入力。モバオクでの経験から、ここは得意分野だ。タイトルに出来るだけキーワードを散りばめ、本文にはカタカナバージョンも記入する。これでうまく検索に引っかかってくれればラッキーだ。

そして、最後に発送方法の入力と価格の設定である。オークションの時は需給バランスによって価格がつり上がっていくので、最悪1円からスタートさせれば良かった。しかし、フリマアプリではそうは行かない。価格設定こそ肝である。メルカリはそこにもきちんとしたフォローを入れていた。推奨価格が自動的に表示されるのだ。恐らくカテゴリやブランド、商品状態の過去データから売れそうな価格を類推しているのだろう。これは頭がいい。ユーザとしては価格に悩む時間が減らせるし、運営会社としてもここを最適化することによって流通額を最大化できる。

とはいえ、メルカリ初心者の僕はあくまで強気だ。推奨価格より少し高めの価格を入力し、出品を終えた。ここまでざっと5分。旧来のオークションに比べて格段にスムーズだった。

FacebookやInstagaramに自慢の写真をアップした後のように、ドキドキしながらその時を待つ。すると、ものの10分程度で、いいね!が付き始める。いいじゃないか。

いいね!の数は2個3個と時を追うごとに増えていく。まだ購入に至っているわけではないが、小さなフィードバックが高頻度であるのは嬉しい。FacebookもLike機能がなく、コメント機能だけだったら恐らくここまで流行ることはなかっただろう。

そして、待つこと数時間。ついにその時は来た。

初コメント。実は当初から値下げすることを想定して強気の価格設定にしていたのだが、ここはあくまでも上から目線をキープする。

さらに1時間ほどドキドキしながら、返信を待つ。

YES!!!! 初出品した商品が見事売却された。

配送は宛名&現金いらず

送付方法で、匿名のらくらくメルカリ便を指定していた僕は、自分の部屋の中にあった一番最適…な箱に商品を入れ、近くのサークルKサンクスに走った。もちろんこの時、相手から好印象を得るためのお手紙(一言メッセージ)の添付も忘れていない。

サークルKサンクスではチケット発券機にアプリで発行されたQRコードをかざし、配達明細をプリントアウト。それを荷物と一緒に店員さんに渡せば、全て完了だ。送料はメルカリが自動的に売上から差し引いてくれるので、その場で支払う必要がない。

また、代金の支払いが全てエスクロー(取引完了までメルカリが一時的に代金を預かるシステム)になっているのもポイントが高い。何を隠そう僕はモバオク社員時代、非推奨だった商品到着前の銀行振込をやったおかげで、代金3万円を支払ったのに商品が届かないというチケット詐欺にあった経験がある(※)。しかも、社員が凡ミスをした恥ずかしさから、カスタマーサポートセンターや上司にも相談することができず、泣き寝入りをした。エスクローの場合、こういった問題が起こらないのだ。モバオクユーザは必ずモバペイを使おう。

※一応言っとくが、超レアケースでありモバオクは安心安全なオークションサイトだ。ルールを破り商品が届く前に先払いした僕が悪い。

要らないものは全部売却

さて、最初の出品で気を良くした僕は、部屋の中を探し回り、要らないものを次々にアップした。

ダイエットの影響で履けなくなってしまったShipsのジーンズ。

売れた。

ずっと前にケータイを機種変更した際にもらったMicro SDカード 2GB。

売れた。

前職の先輩が僕を気遣ってオフィスに差し入れしてくださったGatsby フェイシャルペーパー(46枚入り)。

売れた。

横浜DeNAベイスターズが設立された当初に限定販売されていたDBスターマンのぬいぐるみ。

ちなみに、このぬいぐるみは当時お付き合いしていた方とお揃いで購入し、その後僕が転勤した際も一緒に連れ添った言わば相棒のような存在だ。

売れた。

ところで、一点注意したいのは、送料の計算だ。先ほどのGatsbyフェイシャルペーパー(46枚入り)は、300円で売却することに成功したのだが、郵便局から定形外郵便で発送したら切手代が400円もした。販売手数料10%を加味すると、130円払って相手にフェイシャルペーパーをあげたことになる。もはや意味がわからない。せっかく先輩が僕にくれた大切なプレゼントだったのに。

また、開封済みの食品や、洗濯前のセーラー服など幾つかのアイテムは、出品禁止なので、こちらも十分に注意してほしい。僕もリオ五輪の会場から手に入れたあるものを希少品として売却したのだが、あとから出品禁止だったことを知った。申し訳ない。

時は2017年。万が一にも、未だにメルカリを使ったことがないという時代遅れの人たちがいるならば、ぜひ一度出品を体験してみてほしい。きっと新しい世界が見えるはずだ。部屋もすっきりする。

そして、登録の際はぜひ僕の招待コード「TDMWMB」を使おう。300円もらえる。https://www.mercari.com/jp/

メルカリ感想

【よかったこと】
1. 出品後、割とすぐに売れる。何でも売れる。
2. 初心者でも迷わないようにガイド/FAQがしっかり整備されている。
3. らくらくメルカリ便を利用すると、宛名を書く必要がない。

【改善してほしいこと】
1. 出品時に送料予測を自動的に表示してほしい。
  ⇒送料で利益が吹っ飛ぶ可哀想な人を減らすために。
2. 梱包がめんどくさいので助けて欲しい。
  ⇒Shypみたいなサポートサービスがあると最高なんだけど。
3. 商品詳細を編集したら上の方に表示してほしい。
  ⇒タイトルとか写真変えて試行錯誤したい。

【運営者として勉強になったこと】
1. いいね機能による高頻度なフィードバック。
  ⇒すぐにフィードバックがあるとテンションあがる。
2. やることリスト。
  ⇒次何をやればいいのか、何をやり残しているのかが明確。
3. 1万円以上貯まらないと振込手数料がかかるシステム。
  ⇒思わず売上金をメルカリ内の購入に使いたくなる。

さて、最後に下の「はてブ」ボタンを押そう。ミッションコンプリートだ。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

45

刺さったノートたち

印象に残ったnotesを追加していきます
1つのマガジンに含まれています

コメント1件

メルカリの方がフリマ感があっておもしろいかもしれないですね。やりとりとか交渉とか…
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。