プロフィールと、noteでの発信について

スープ作家の有賀薫(ありがかおる)です。
365日、毎日スープを作っています。

2011年より約7年、約2600日にわたって朝のスープ作りを更新中。おいしさに最短距離で届く、シンプルなレシピをスタイルとしています。『帰り遅いけどこんなスープなら作れそう』で、第5回料理レシピ本大賞入賞。

また「新しいカテイカ」という活動を2018年よりスタートしました。noteでのコラム発信、ワークショップ開催のほか、日経新聞とnoteのコラボするNサロンでは『家庭料理の新デザインゼミ』担当しています。

スープを中心に家庭料理のモデルチェンジを進め、料理の喜びをお伝えすることが、今の私の目指すところです。ご一緒いただけるパートナーの方、いらしたらお声がけください。

+++noteについて

このnoteでは、毎朝のスープの写真をまとめた『スープ・カレンダー』や、簡単でおいしいスープレシピ、スープや食についてのコラムを中心に、私のスープや料理に関する記事をご覧いただいたり、ときどき開催するイベントのお知らせなどを見ていただけます。

また、家事を現代に合わせてアップデートする『新しいカテイカ』の活動もしています。こちらについては共同マガジンへ情報を投稿しています。

ご連絡はメール:info●kaorun.main.jp (●を@に変えてください) 

++著書 

『365日のめざましスープ』(SBクリエイティブ)6刷
『帰り遅いけどこんなスープなら作れそう』(文響社)9刷
『忙しい現代人のための 手軽でおいしいスープ入門』(cakesスマート新書)
『スープ・レッスン』(プレジデント社)5刷
『おつかれさまスープ』(学研プラス)4刷

++連載 

cakes『スープ・レッスン』
PINTSCOPE(ピントスコープ)『心においしいスープと映画』
みんなのくらし日記ONLINE『スープみたいな日々で良い』 
プレジデントウーマンオンライン『夜8時からの、スープでごはん』
季刊LO+『スープ精進』(NPO法人ロータスプロジェクト刊)

++SNS
note : @kaorun https://note.mu/kaorun
Twitter:  @kaorun6  https://twitter.com/kaorun6
Facebook:  https://www.facebook.com/kaorun6
Instagram: @arigakaoru

++経歴

リクルートワークス研究所の研究プロジェクト「人生100年時代の学び方」サイトで「人生100年時代 学びの進化モデル」として取材を受けました。詳しい経歴にご興味のある方はこちらでどうぞ。
http://www.works-i.com/research/learning/sinka/ariga/

++活動記録

2011.12.26 家族の朝食にスープを作り始める
2013.4 神楽坂・フラスコにて1年365日のスープ写真を展示した『スープ・カレンダー展』開催
2014.4  豆本作家・五十嵐彪太との共同企画で豆本『スープ・ファンタジー』を制作・販売
2014.7  中目黒古書店・dessinにて、架空のスープレシピ本の原稿を展示する『スープ・レシピ』展開催
2014.11 スープの実験室『スープ・ラボ』開設。昆布、塩、トマト、だしパック比べ、豆、バター、レシピ比較など、様々なスープの実験を行う
2016.1   絵本作家・きくち ちきをゲストにむかえたライブペインティングとスープの会『スープのたね』を開催
2016.3  書籍『365日のめざましスープ』刊行
2016.6  cakes連載『スープ・レッスン』スタート
2017.6  デモ形式のスープ教室『リアル・スープ・レッスン』開始
2018.2 書籍『帰り遅いけどこんなスープなら作れそう』刊行
2018.3  俳人あかばねめぐみとのコラボ展『さくらさくらすうぷな風の吹くまつ毛』開催
2018.7 『忙しい現代人のための 手軽でおいしいスープ入門』刊行
2018.9 『帰り遅いけどこんなスープなら作れそう』で、第5回料理レシピ本大賞入賞

2018.9 『スープ・レッスン』(プレジデント社)刊行
2018.11 『おつかれさまスープ』(学研プラス)刊行




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

読んでくださってありがとうございます。 がんばるみんなの毎日を支えるスープと、くらしの形を作っています。サポートをいただけたら、だし昆布を買います。

お礼にあったかいスープをどうぞ。
50

有賀 薫

わたしのスープ活動

スープの活動、略してスー活。
1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。