100冊マラソンを乗り越えるプランニング。#005

あっという間に1月も中旬に差し掛かっています。

100冊マラソンを制覇する手段として、手始めに何年も行ってないので既に期限切れとなった図書館カードを持って、図書館へ。

小説などは長編でも楽しそうだから読めそうなんだけど、問題は外国文学の難しい系。これは絶対読破するには、早めに手をつけねばと。

ちなみに今のところ、結構ランダムに読み進めています。なので、図書館で検索したのもかなり直感によるところが大きい。検索した本の棚を記したプリントを持って本棚へ。

あったーーーー!!

ガーーーーン!!!!
まぢかっ!!!!!!

てなわけで、見てすぐに撃沈モード全開に陥っております。
分厚さで既に挫折気味なので、他の読みやすそうなエッセイ大全とか長編小説もいっしょに借りてきた。あと漫画も!!!いつでも浮気する気満々です。

それにしても図書館はあるもんだねぇ。ちなみに、現代版の小説や文学系は文庫があるのは買おうと思っています。

で、これまでも100冊マラソンに挑戦してる人とかを知っていたりするのだけど、それは基本好きな本とかビジネス書とかを読んでいる訳です。それだったら多分そんなにハードル高くない。本を読み慣れていなわたしでもいけそうだなと改めて思う。

けれど今回は完璧に課題本があって、とにかく今回の本みたく分厚いのやら、長編やら、専門書的なのもわんさか含まれておる。

これは、改めてページ数把握とスケジューリングが必要なのでは!?プランニング要るんでは!?と、1月中旬にビクビクしております。

とにかく、が、がんばるっ。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

プランナー、コピーライター。生活者に寄り添い、ファンをベースとしたプランニング、広報支援致します。2017年加西市制50周年キャッチコピーに選ばれました。「ともに創り、ともに育む。」さとなおオープンラボ関西二期生。広告・カフェ・北欧・紙モノ♡地域遊びとローカルメディアも挑戦中!

ありがとうございます!あなたもHAPPY♡でありますように。
7

kaoru miyazaki

2019ときどきエッセイ

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。