見出し画像

藤井太洋の頭の中 編集者の方へのお薦めポイント

来たる11/10(土)、トークイベント『藤井太洋の頭の中~プロ作家が執筆時に考えていること~』をお送りするわけですけれども。

それについて想定しているお客様に対して、お薦めポイントをつづるシリーズを書き続けております。イベントにお越しいただけるのではと想定している例として、あげているのが以下の四つ。

①藤井太洋先生のファンの方

②書き手の方

③編集者の方

④NovelJam勢の方

1回目はファンの方に対して、2回目は書き手の方に対してということで、3回目は編集者の方にも、お役に立つ体験が提供できるのではないかと思っている、ということについて書きたいと思います。

ファンの方に対しては当然すぐに考えますし、書き手の方に対しては、前回書きましたように、そもそも僕が聞きたいのでこの企画を立てる動機になったところです。

それに対して、編集者の方へというのは、企画を立てた後、お役に立てるとしたら誰だろうと考えていて思いあたりました。

前回の書き手の方へで書いたように、目の前にあっても見えていないものがある、という部分からです。

僕も漫画、小説と合わせると、長らくこの出版業界にいるのですけれど。

その中で数多く打ち合わせをこなし、うまくいったり、うまくいかなかったり。

うまくいかないことのほうが多くて悲しいな……というわけなんですけれども。

今、うまくいかなかった打ち合わせを思い返してみると、すれ違いが起きていたなあと思うのです。

僕自身が、担当さんのこういうのが欲しいというイメージをとらえきれていなくて、ピタッとはまる企画を立てられなかった、というところもありますし。

逆に、自分が力を入れたところが、なんか妙にあっさり軽く扱われたのは、本当にわかっててくれたのだろうかと不安になる部分もあります。

立場が違ってすれ違うのは仕方のないことなのですが、お互い見えていないのですれ違ってるとしたら恐ろしい。

そういう意味で、作家の側のテクニカルの部分をお伝えすることにより、違った視点をご提供できるのではないかと思ったのです。

ということで、11/10(土)14:00より、グラスシティ渋谷10F、HDEオープンラウンジ、ぜひご参加ください。チケットお申込みはこちらから。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4
漫画家/小説家。SF雑誌『銃と宇宙 GUNS&UNIVERSE』編集長。ケッタ・ゴール!描いてました。SF児童小説「宇宙犬ハッチー 銀河から来た友だち」(第11回ジュニア冒険小説大賞受賞作)発売中。柏出身レイソルサポーターで、科学好きの宇宙好き。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。