【NovelJam】ブランディングは自分のフィールドで【#あなボロ展 解説】

去る1/12(土)-14(月)の三連休、原宿にある原宿デザインフェスタギャラリーにて個展を開催していました。

▲ギャラリーの取材記事。展示の雰囲気がわかります。

今更ながら感のすごい記事ですね。早めに書けって言っていただろうがい自分!
noteで宣伝し損ねたのは完全にミスなのですが、なかなかいいものになったと自負しているのでちょっとだけお話しさせてください。
足を運んでくださった方、本当にあり

もっとみる

031.「舞台センコロ」のこと

フライヤーのコピーを担当させていただいた舞台「【大好き】先輩を双子コーデでコロしてみた!」、通称・舞台センコロを観劇してきた。
まずは千秋楽までの4公演、お疲れ様でした。

元々演劇が好きな人間なので、いつかフライヤーを作れたらなぁと思っていたのがこのような形で叶って良かった。原作がとても好きなので尚更。NovelJamに参加するとどんどんいいことがあるとはこのこと(怪しい宣伝みたいだが、作家デビ

もっとみる

013.「あなたは砂場でマルボロを」のこと

許さない、許してほしい、許せない。判決を待つ 砂場の淵で

去年の11月末に小説ハッカソンで執筆した恋愛小説「あなたは砂場でマルボロを」は、上記の短歌から始まる。
この小説を起点に今の人生があるわけですが、”小説を書きに行ってライターを借りたら恋人ができた”ってのは、本当現実は小説より奇なりということでしょうか。

書く前に決めていたことは「さみしい人に寄り添うものを書く」だけ。
さみしくてさみし

もっとみる

半年寝かせてあの日を想う 〜noveljam 2018秋 生還録〜【その4】

著者/編集者/デザイナーが入り乱れて戦う2泊3日の小説ハッカソン「noveljam」での強烈な体験を経て、何もかもが変わりました。八王子で味わった天国と地獄、そこから見えてきたことを赤裸々にレポートします。第4回にて、ラストです。

本記事で取り扱う時系列
■二日目
22:00~ 会場閉店後、自室にて作業
■三日目
05:00 開場(印刷のため)
07:30 朝食
08:00 チェックポイント

もっとみる

ここ最近の白色黒蛇いろいろ

どうもおはこんばんにちは、白色黒蛇です。

テキレボが終わってからいろいろありました。えぇいろいろありました。
いろいろあり過ぎて目まぐるしく、目が回りそうな毎日です。

そんな中でも創作活動はやっぱり止まることは無く、いろいろなプロジェクトを抱えながらひーこらひーこら言いながら楽しんでやってます。

⓵目下、今は5月6日の文学フリマ東京に向けて頑張っております。
令和一発目の文学フリマ東京、あた

もっとみる

あの熱い日の裏側で

3月21日のテキレボは大盛況でした。
ご来場いただいた皆様、そしてあたしのブースにお越しいただき、拙作を手に取ってくださった方々には厚く御礼申し上げます。

新刊「ドクターアルファのティータイム 後期総集編」も多くの方に好評であたしとしては作った甲斐がありました。

まぁその手の話は散々Twitterで語ってるので今日は違うことを

この写真はテキレボの前夜、都内某所で撮られたものです。
ただの喫

もっとみる

Little home,winter days

2019年2月23日(土)24日(日)に、清澄白河のリトルトーキョーにて「リトルホーム、ラストサマー」の電子出版を記念した「Little home,winter days」が行われました。

「人生の中の"ホーム"」をテーマに表現し、トークセッション・朗読・写真展示・ポートレート体験ブース・ライブペイントなど盛りだくさん。

私は「リトルホーム、ラストサマー」の表紙デザインをさせて頂いたご縁で、朗

もっとみる

ついに天王星がおひつじ座から出てった

朝から花粉症がひどくて、ぐずぐず鼻が鳴っています。これも大きな星が動いた反動かしら?いやきっと昨日雨で今日が晴れ渡っているせい。

星占いをやってない人は、おとといがどんな重要な日かなんて知りませんよね。

ちなみに私がnoteを始めたのも星占いに言われたからです。

6日、天王星が完全に牡羊座から牡牛座へと抜けました!

いやあ、その日にゴーンさんが釈放されて、10億円動くって象徴的。さすが金を

もっとみる

最後まで漸近線、電子書籍の公開

仲良しな飲み友達であった年の離れた男女の、彼女の方の恋が契機となり関係が変わっていく、その経緯を短歌の応酬で綴ったお話。
NovelJam2018秋参加作品「リトルホーム、ラストサマー」のイベントで展示&頒布した林口草太朗/森田玲花歌集「最後まで漸近線」の電子書籍データを公開します。EPUBファイルなので対応のリーダーやアプリでお読みいただけます。

共著である森田玲花曰く「基本は父の愛と娘の愛が

もっとみる

【NovelJam2018秋】ふりかえりとこれから

お久しぶりです。NovelJam2018秋・グランプリ戦、お疲れ様でした。受賞した皆さん、おめでとうございました。

とろとろと感想その他いろいろ心の中で煮込んでいたけれどこれ以上留めておくのは限界かなと思った2月下旬の日曜日夜。まずはグランプリ期間の行動について反省多めの履歴です。

【×】積極的に販促活動を行わなかった
地方住みならwebで行動するしかないじゃない。しかし積極的に動かなかった。

もっとみる