「就活ルール廃止」をきっかけに、もういい加減、本音で語りましょうよ。

 経団連中西会長が「就活ルール廃止」を正式に発表しました。具体的なスケジュールとしては、* 2021年度以降に入社する学生を対象とする採用選考に関する指針を策定しないことが表明されました。

 この決定により真っ先にあがるのが、「就活が早期化して、学業がおろそかになる」という反発です。この反発は、もっともらしく聞こえますね。

 というのも、経団連が採用開始時期を決めないなら、新卒人材の早期争奪戦が加熱し、大学生側からみると、2年生や、入学直後の1年生から就活を始めなければ内定を獲得できない。だから、学業なんてやっている暇がないと考えてしまうからですね。

 いいですか、皆さん、もういい加減、本音で語りましょうよ。今後の日本社会のために。

 「就活があるから、学業がおろそかになる」

これって、本当ですか? これを裏付けるには、少なくとも、

この続きをみるには

この続き:3,271文字/画像2枚

「就活ルール廃止」をきっかけに、もういい加減、本音で語りましょうよ。

田中研之輔 法政大学教授 博士 UCBerkeley元客員研究員

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

157
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。