4年ぶりに書斎化計画再始動

すっかり書斎兼スタジオとして使っている「元・物置部屋」、4年経ったいまも奇麗な状態をキープしている。とはいえ、元物置部屋だけあって、ロフトやクローゼットのなかは、まだまだ無駄が多いので、思い切って手をつけ始めた。

書斎化計画とはいうものの、もう書斎はできているので、今回の目標は、無駄なものの一掃と、もったいない空間の使い方をしているところを見直すこと。なにもない空間も大切なので、なんでもかんでも収納に使おうとは思っていないけれどね。

手始めはクローゼット。上下段の2つに、それぞれ半分ぐらい収納ボックスが入っている。のこりはフリースペースで、上段には無秩序に物が詰め込まれていて、下段は、引越し以来開けてなさそうな段ボールが2つ、大きなバスケットになにかがつめこまれている。

とりあえず下段の段ボールに手をつけた。1つ目は頂き物の食器類が大量に入っていた。ノリタケとかロイヤルコペンハーゲンとか、たぶん奥さんの実家でもらってきたものだと思う。その他、ぼくらの結婚式のお祝いとして、奥さんの友達からもらったらしきものも。とりあえず、箱はかさばるので出して、スペアの食器を入れているところに移動。

もう1つの段ボールには奥さんのアルバムがたくさん。これは捨てられないので一旦そのまま。バスケットにはぼくのダンベル(つまり使ってない)や、フォーマルなハンドバッグがいくつか箱のまま入っていた。ここは段ボールやバスケットを処分して、MUJIの収納ケースを入れるつもりなので、アルバムやバッグ類も取り出しやすいようにする。それまでいったん戻した。

下段の収納ケースも、ビデオデッキがないのに、ぼくの空手の試合のビデオテープや、聞くこともないCDが数百枚。前回100枚ぐらい捨てたけれど、まだまだ。よほど思い入れのあるものと、Apple Musicなどにないもの以外は捨ててしまう。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます
6

書斎づくり計画

引越し以来12年間物置となっている部屋を整理して居心地の良い書斎を作ります。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。