北米の制服レンタル大手ユニファースト(UniFirst | NYSE:UNF)決算まとめ

ユニファーストとは?
1936年に米国ボストンで小さくはじまり、現在は米国で主要ユニフォームレンタル会社の一角。従業員数14000名、運営施設は250拠点。

筆者のブログ「アメリカ部」にて以前、ユニファーストについて軽くまとめていたのでそこからひっぱりつつ、ざっくり決算ふれます。

北米ユニフォームレンタル大手ユニファーストのコツコツ型ビジネス

ユニフォーム・レンタルとは?
職場で従業員が着用する制服を定期的に(通常は毎週)集荷すると同時にクリーニングした制服(顧客は制服がクリーニングされることを待たずに済む)を届けるソリューションを中心に、ユニファーストは集荷は行わないリースプログラムやレンタルではなく直接販売するなど、顧客のニーズに合わせた制服ソリューションを提供。

また、制服は顧客のロゴ入りの制服をたとえば顧客から提供された画像を制服にエンブレム刺繍で大量生産するなど、制服自体の製造も直接行う。(生産工場はメキシコ、ニカラグア、および需要の高い時期には下請けで製造)

制服はいわゆるシャツ、パンツ、ジャケット、白衣、エプロンなどあらゆる業界に最適化したユニフォームを提供し、ユニファーストで特徴的なのは危険な現場における難燃性の制服や原子炉などでの防護服なども手がけている点。

この業界では当たり前のクロスセリングであるフロアマットの管理や洗面所のモップやトイレ用品、ハンドソープなど洗面用品やその他清掃用品の交換などの施設サービス事業も行っている。

そして施設や職場のもしもの時に備える応急処置用品を提供(First AID部門)

顧客は、自動車・ディーラー、配達サービス、食品・小売、食品加工、軽工業、レストラン、運輸会社など。

2019年1月3日に発表されたQ1'19決算のデータ。いきなり地味な会社の決算をピックアップするのでテック企業と違って、だいたいいつも同じ決算でまじで特に言うことないのだが、しいていうなら減損の理由が面白かったことか(後述)

より長期の売上高推移をみるとこのユニフォーム・レンタルというビジネスの真価がよく分かる。なお、ユニフォームレンタル業界No.1シェアのシンタスも同様にコツコツ業績を伸ばしていた。

シンタスもカバー範囲なのでこちらもまとめる予定。それまでは古い筆者の記事でガマンしてほしい。

競合はシンタス(Cintas Corporation)とアラマーク(Aramark Corporation)が最大の競合。4番手の同業であるG&Kをシンタスが買収したことでシンタスが圧倒的シェアを占めるに至っている。

以下はユニフォームレンタルのマーケットシェア。シンタス1強。

配送コストなどの観点から顧客との立地が近い密度が重要であるドミナント戦略が有効な性質上、その他600社以上のスモールビジネスで断片化された市場で、買収による成長戦略の余地はある。

ただの巨大なクリーニング屋というわけではないことが以下のユニファーストの紹介動画で分かるだろう。

さて、前述の減損の話。

2017年9月に開発中のCRMシステムがまともに動かずに(遅延・安定しない)、こりゃダメだということであきらめて減損。このプロジェクト請け負った企業はよく知られているところとのことだがどこだろう?Salesforce使えばいいのに。

(さすがにひどすぎる案件なので12/28に和解契約を締結して和解金がQ2ではいってくるようだ。)

営業利益($M)推移が見づらいので拡大。

それがなければ過去20年の推移を見ると営業利益率は高まっていた。世界金融危機時にも売上高がさほど影響受けず、営業利益率もさほどダメージうけなかった点から、ユニフォームレンタルビジネスの安定感が伝わってくる。

主要部門であるCore Laundry Operations(米国およびカナダの制服レンタル・クリーニング)売上高は前年比5.7%だが、買収寄与分+1.0%や為替の影響を除くオーガニック売上高は+4.5%。

Specialty Garments部門(原子炉など特殊環境向けのウェアのレンタルおよびクリーニング)は前年比+20.9%だが、原子炉の稼働状況によって振れ幅がある売上高。

First Aid(応急処置製品)は数値は明らかにされていないが小型買収もあり前年比+7%となった。

主に企業向けの制服ビジネスは日本でも面白い企業がある。

業界ごとのユニフォームECで伸びてるらしいユニフォームネクストとか。Stockclipに詳しく解説されているので合わせてチェックしたい。

制服を着る人の数に影響を受ける。すなわち雇用動向のウォッチは必要

Source: Guide to the Markets 1Q 2019 As of December 31, 2018 - J.P. Morgan Asset Management

ユニファーストの株価は決算をうけて-7.7% (なお、1億ドルの自社株買いを発表)

——— ✂ ——— おわり ——— ✂ ———

ようやく米国株決算マンを稼働していこうと思いますが、1企業あたりにかけられる時間が薄い時があるので、もっと掘り下げが必要でも、それはまた次の決算の時に補強していきます。定点観測マンなので。

こういった企業ネタが興味ない人向けのマガジン単体も用意していくので、マガジンごとに効率よく情報収集できるよう配慮していきます。

1つは世界の株価チャート・マガジン

他にマーケット関連のまとめ系マガジンを今つくってます。

とりあえずは企業決算もノーマガジンで動かしてみました。

<筆者の詳細>
ミニマム連続起業家・投資家の「決算マン」

<4つの運営Twitter>
1. アメリカ部 @america_kabu (米国・投資・世界経済のアンテナ)
2. 米国株決算マン @KessanMan (米国上場株決算の定点観測)
3. 気になる企業を調べる🐘 @kininaruzou (幅広く企業ウォッチ)
4. 世界の株価チャート・ノート @WorldChart_note (マーケット情報)

<ブログ>
https://www.americabu.com/


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4