最近のマーケット動向(メモ)

G20前、米中貿易摩擦を睨み、株や為替に資金が流入しておらず、市場は閑散相場となっていた。

ではリスクオフ資産の金(GOLD)に資金が流入しているのかというとそうでもなかった。ではどこに資産が?

というところで行き場のないマネーは仮想通貨へ。

ニュースで注目され始め、ビットコインは一時140万を超えたところで急落。現在は110万付近。ハッキング事件の不祥事が起こり、仮想通貨業界はまた不穏な空

もっとみる

【投機の流儀 セレクション】「だから今REIT」か

これは日経ヴェリタス紙7月14日号の第1面のトップ記事の大見出しである。
この新聞は旧日経金融新聞であるが、株式市場が活況を呈するとますます景気のいいことを書き、株式市場が下降に転ずると先行き恐慌が来るようなことを書く。商業新聞であるから、売らんかなの意図があることは特に悪辣だとは全く思っていない。当たり前であろう。しかしこれも商業新聞の言い分だということは意識して見ていきたい。この日経ヴェリタス

もっとみる

【投機の流儀】「だから今REIT」か

【今週号の目次】
第1部 当面の市況
(1)週末2日間の大幅安と大幅高(しかも一日の上下幅は概ね相等しい)
(2)「令和最大の下げ」と、「下げ分を正確に埋めた戻し」とが出た先週
(3)選挙後の株高再現はあるか?
(4)「外交の安倍」と世論と選挙
(5)今後の趨勢、見方は二つに分かれる
(6)諸外国は高い中で、日本株は外需株が弱い
(7)日銀追加緩和、9月に「あり」と見るのは外国為替市場関係者が34

もっとみる

RPAホールディングスの2019年Q1決算を読む~いったい何がネガティブなのか解説~

今回はRPAホールディングスの決算についてみていきます。

RPAホールディングスはいま流行のRPA(Robotic Process Automation)によって顧客企業の事務効率化を支援するSI事業を中心に据えた企業です。

同社は7月12日に決算発表を行いましたが、市場にネガティブ視されて大きく下落しました。

今回はネガティブポイントについて、どの程度深刻なのか解説していきたいと思います。

もっとみる

7月22日分競艇データーSGO数値配布

こんにちは

閲覧していただきありがとうございます。

上記で説明したSGOデーターの選手数値です。

2019年7月22日大村の選手数値データー

20190722 一般 大村 1  25 29 28 35 30 32
20190722 一般 大村 2  28 27 28 28 34 37
20190722 一般 大村 3  30 20 25 25 32 28
20190722 一般 大村 4 

もっとみる

9月末に備えて高配当株を購入

日本株の配当は9月と3月がメインです。そろそろ9月の配当に備えて、高配当株の仕込みをしてみました!

購入したのは初めて配当を頂いた記念すべき銘柄の「三菱ケミカルホールディングス(4188)」です。その際のnoteが以下です。
○ 【株取合戦】投資初心者体験記 はじめての配当金❤ そして資本主義の事実を知る

 三菱ケミカルとは「日本最大の化学会社」です。
この銘柄のおススメポイントは何と言っても

もっとみる

アナリスト直伝!「株価レーティングで1億円儲ける」秘密の投資法!20190722

株式市場では国内外の証券会社やシンクタンク各社から毎日、多数のアナリストレポートがリリースされています。もともと、大口の売買注文を出す機関投資家向けに書かれていましたが、最近では一般の個人投資家にも提供されており、目にする機会も多いのではないでしょうか。

 個別株のレポートでは、証券アナリストがファンダメンタル分析を基づいて個別株の企業価値を算出し、現在の株価に対する「割安・割高」から「買い(強

もっとみる
ありがとうございます!これからもよろしくお願いします!

自分の保有している投資信託、ファンドの「機能」を理解していますか? その2

このノートの続編です。実は、本当につくりたかったのはこれから述べることなんですが、前フリが上のノートです。これから述べることは、一部で不快に感じる方もいらっしゃるかもしれません。ま、でもつくってみようと思います。

さて、SNSを見ていると、ここに来て急激に増えた印象があります。

つみたてNISAを始めたばかりの「つみたて兄さん」「つみたて姉さん」。これらの兄さん、姉さんの投稿は、日々の増えた!

もっとみる

1週間ほったらかし投資で楽々儲ける!「トランプ式投資術・極」20190724

「トランプ式投資術・極」は、「日中相場を見ることができないサラリーマン投資家でもできる株式投資」をコンセプトに考案した、ほぼ1週間完結の短期ほったらかし投資法です!

証券アナリストの大野芳政が独自の基準で短期上昇株を発掘!一定のルールに従い、機械的に売買することで安定的なリターンを目指します!

・日中は相場をみていられない

・頻繁に注文を出している暇はない

・銘柄選びに時間をかけられない

もっとみる
ありがとうございます!これからもよろしくお願いします!
1

ついに米国株反落!?SPXSでリスクヘッジしよう

OneTapBuyで米国株を毎月定期購入のまったりトレードや、SPXLとSPXSの両建てで少しアクティブなトレードをしています。
最近、S&P500が過去最高値を付けたにも関わらず、急に反落しだしたので、そろそろSPXSの出番かと待ち構えています。

これまではSPXLが活躍

OneTapBuyの売買履歴は評価損益が表示されないのが×ですね、、、
20%の税金徴収額は分かるのでそこから逆算です(

もっとみる