岸 勇希

(株)刻キタル/代表 2017年3月に電通から独立しました。 :ふらっと書きたいことを書いたり、過去色々なところで書いて散在している原稿などを、なんとなく集約していこうかと思っています。

Buzz Feed様からの取材について

経緯と反省

先日ある知り合いから、8年前の私の振る舞いが、当時電通に務めていたある女性を、長く傷つけていることについて知らされました。彼女が電通を退社されてから一切連絡したことも、接点もありませんでしたが、その事実を知り、今更ではありますが、謝罪をするべきだと思い、10月26日にFacebookのメッセンジャーにて、以下のお詫びのメッセージを送りました。

当時自分がとても理不尽なことをし、嫌な

もっとみる

己を、奮い立たせる言葉。

「己を、奮い立たせる言葉。」という本を、10月28日にNewsPicks Book(幻冬舎)より出版させて頂きました。

http://tkkt.jp/news/522/

本を書いた経緯や想いは、本書の中で少し触れていますが、ここでは、そこには書いてないことを、少しだけ書きたいと思います。

この本(一方的にですが)、私の前職である電通と、
電通で今も戦っている仲間たちに捧げたくて書いたものです

もっとみる

祝婚歌

ある尊敬している方と対談させて頂いた際に、教えてもらった言葉。
あまりに素敵な言葉であり、響いた。

後日この言葉の出典を調べたところ、吉野弘という詩人の「祝婚歌」という詩の一部だということを知った。

すばらしい。こんな人間でいたい。いれたらいいなと思う。

さらに調べてわかったのは、吉野弘がこの詩の著作権を放棄している*という ことだった。限りなく透明で泣けてくる。

実際に多くの結婚式で

もっとみる

右から左へ動かすだけ、を支えるもの。

「メディアを右から左へ動かしてるだけ。メディアマンの仕事は、マシーンに置き換わられて、すぐ不要になるだろう。」

最近、業界の専門書やコラムなどで、こういった類の言葉を目にする。

間違っていない部分もあるし、基本は業界の未来に対し警鐘を鳴らす目的の発言だと思うので、あえて否定するほどのことでもない。が、本当は違和感を感じている。気になるのは、こういった類のことを語っている人たちは、本当にメディア

もっとみる

肩書きに喰われたくないのです。

広告業界は、職種の名前を再定義しながら進化していくべきだと思う。
そうじゃないと、職種の名前に、自分の可能性が束縛されてしまうよ。
という話。

広告業界には色々な肩書きがある。

コピーライター
CMプランナー
アートディレクター

明確に自分の専門(職域)が規定されていて、プロフェッショナルな感じがしなくもない。事実、一流の方々が持っているこれらのスキルは凄まじい。何度もその凄まじさを目の

もっとみる

もちろん専門的な内容のものも書いていきますからね!いずれ・・・