Kaede_Mitsuishi

いろいろなことに興味があってどれもこれも中途半端な成人済み主婦(家事は苦手)。腐女子。うつ病とバトル中。そして、文章を書きたい。できれば小説的なのを。

ただ生きてるだけがこんなに苦しいのはなんでだろう。やらなければいけないことどころか、やりたいこともできないくらい心身が疲弊してしまっているのに、今ここに生きてる意味を、それを証明するためにやるべきことを考えるのを脳がやめてくれないからかな。しんどい。

最近、身内がみんな疲れたり、病気に突然かかったり、よくないことばかり。自分も、ここ2週間ほどとても調子が悪くて、半日以上は寝込んでしまう日が多い。友人もなんだか不調で鬱々している。きっと、季節の変わり目と度重なる台風のせいだ。そうでも思ってないと本当にやってられない。苦しい。

今月は体調の波がすごいんだけど、ここ最近はずっと、ちょっと動いたら倍以上の時間は寝込んだり、ふらふらして家事すらままならない状態が続いている。きっと、度重なる台風の襲来+季節の変わり目のせいで疲れが出ているんだと思う。だから、頑張り屋な叔母もきっと一気に疲れが出たのはあると思う。

身内の中でも、特に優しくて、いつでも明るく笑顔で、同居しているちょっと頑固な性格の祖母の世話もきちんとしていて、もちろん仕事も出来るという、尊敬する叔母が、先日、1型糖尿病を発症して入院することになったそうだ。なぜ。よりによって、どうしてあの人が…。悲しい。

さっきの、借りたい本が貸出中だった話。ほしい本が図書館に無かったら買えばいい。私もそれは思うし、基本的に読むのに期限を設けられるのが嫌いなのと、本をコレクションしたい欲があるので、普段なら買ってたと思う。けど、今は病気で働けない身であり、あまりお金が無いから購入が難しいのだ…。

そういえば、ひとつ前の呟きのことがあったので、市立図書館の方へ行ったんだけど。借りようと思ってた、芦田プロ(芦田愛菜さんのこと、人生二週目みたいなあの落ち着きと、滲み出る賢い人オーラに、主人共々こう呼ばせて頂いている)の「まなの本棚」が貸出中だった。残念。