4-お勧めの本19

【本】工藤勇一『学校の「当たり前」をやめた。』:学校の慣習を本来の目的から見直し改革する

木曜日はお勧めの本を紹介しています。

今回は、工藤勇一『学校の「当たり前」をやめた。』(時事通信社, 2018)を取り上げます。

■要約

学校は、子どもが社会の中でよりよく生きていけるようになるためにある。そのためには自律する力を身につける必要がある。しかし、今の学校は慣習化された手段(宿題、定期考査、固定担任制、運動会のクラス対抗、生徒指導)が目的になってしまっている。これらを変えていくことが必要だ。

■ポイント

定期考査は一夜漬けで済ませるという弊害もある。それをやめて、単元ごとのテストを実施する。単元テストは再チャレンジすることができる。理解できていない部分を確認して復習することが目的だから。さらに出題範囲の示されない実力テストを3回から5回に増やした。

通知表の評定は相対評価ではなく絶対評価にする。全員に「5」がついても問題ない。

この続きをみるには

この続き:434文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

2019年に書かれた(書かれる)「ちはるのファーストコンタクト」のすべての記事が読めます。300本以上になる予定です。月額購読するより...

または、記事単体で購入する

【本】工藤勇一『学校の「当たり前」をやめた。』:学校の慣習を本来の目的から見直し改革する

向後千春

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ご愛読ありがとうございます。もしお気に召しましたらマガジン「ちはるのファーストコンタクト」をご購読ください。

私もスキです!
4

向後千春

早稲田大学人間科学学術院教授。博士(教育学)(東京学芸大学)。専門は、教育工学、教育心理学、インストラクショナルデザイン、アドラー心理学。ちはる塾主宰:http://cricenter.wordpress.com/

ちはるのファーストコンタクト(2019年)

2019年に書かれた(書かれる)「ちはるのファーストコンタクト」のすべての記事が読めます。300本以上になる予定です。月額購読するよりも割安になっています。
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。