お金と健康のそのさきへ

水曜日はフリーテーマで書いています。

WAFP関東(女性ファインナンシャル・プランナーの会)の企画で、5月17日(木)午後に講演をします。タイトルは「人生100年を楽しく生きる(仮)」として、先日打ち合わせをしました。

21世紀に入ってからの心理学は、ポジティブ心理学の進展とともに、人はどのように幸せになれるかということを探求しています。幸福の7要因「ビッグセブン」はその成果の1つです。

まずお金と健康は幸福に生きるための基盤です。この2つは必要条件です。ポイントは、お金(年収)にしても、健康にしても、それを多くしていけばいくほど幸福度が高まるという性質ではなく、どこかで頭打ちになるということです。2011年の内閣府調査では、年収は600万円で幸福感は頭打ちになります。また、健康も「病気のない状態」で頭打ちになるでしょう。

ではその先は何が要因かというと、家族関係、雇用状況(職場の人間関係)、コミュニティと友人となります。つまりこれらはアドラーの言う「仕事・交友・愛」における人間関係ということになります。そして最後に、個人の自由と価値観です。

ビッグセブンをまとめれば、お金と健康の先は「仕事・交友・愛」における良い人間関係、そして個人の自由と価値観ということになります。

その中でもリタイアしたあとの幸福を決めるのは交友関係が大きいということが明らかになっています。とりわけ男性は女性に比べて、会社の外での交友関係があまりないこともわかっています。そんなわけで、リタイア後の男性はどうもパッとしないのです。趣味を広げたり、習い事に行ったり、社会的活動を行うようなことを積極的に考えていくことが必要のようです。

マガジン「ちはるのファーストコンタクト」をお読みいただきありがとうございます。このマガジンは毎日更新(出張時除く)の月額課金(500円)マガジンです。テーマは曜日により、(月)アドラー心理学(火)教えること(水)フリーテーマ(木)お勧めの本(金)連載記事(土)注目の記事(日)お題拝借で書いています。ご購読いただければ嬉しいです。

この続きをみるには

この続き:0文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

2018年に書かれたマガジン「ちはるのファーストコンタクト」の記事をすべて収録しました。300本以上あります。

または、記事単体で購入する

お金と健康のそのさきへ

向後千春

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ご愛読ありがとうございます。もしお気に召しましたらマガジン「ちはるのファーストコンタクト」をご購読ください。

私もスキです!
5

向後千春

ちはるのファーストコンタクト

ファーストコンタクトは相互理解への第一歩。このマガジンでは、私が考えていることの第一歩をできるだけそのままの形で公開していきたいと思います。話題は、アドラー心理学、教える技術、研究アイデア、雑談などです。
1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。