4-お勧めの本19

【本】マーク・マンソン『その「決断」がすべてを解決する』:いくつもの点でアドラー心理学に合致する

木曜日はお勧めの本を紹介しています。

今回は、マーク・マンソン『その「決断」がすべてを解決する』(三笠書房, 2018)を取り上げます。

■要約

人生の問題は、悩むべき重要な問題を持っていないために起こる。人はいつも何を気にするかを選んでいる。人生に重要で意味のあることを見つけるのが、時間とエネルギーのもっとも生産的な使い方だ。そうすればそれ以外のことがうんざりするほど起きても気にならなくなる。これはトラウマもネガティブもパワーに変えてしまう方法だ。ポジティブな経験を求めることはそれ自体がネガティブな経験であり、ネガティブな経験を受け入れることはそれ自体がポジティブな経験である。

■ポイント

問題のない人生はないし、それは望めない。であれば、よい問題でいっぱいの人生を望もう。そういう問題を解決していくと幸せな人生になる。

感情は生存と繁殖を助ける目的で進化してきた。ネガティブな感情は「解決されていない問題がありますよ」と発信する、行動への呼びかけだ。

自分の問題が解決できないかもしれないと思うと、私たちは無意識に「特権意識」を持つようになる。それは次の2つ。

1 僕はすごい。そしてほかのみんなはダメ人間。だから、僕は特別な待遇を受けて当然。
2 僕はダメ人間。そしてほかのみんなはすごい。だから、僕は特別な待遇を受けて当然。

本当は個人的な問題というのはない。あなたの抱えている問題は、ほかのみんなが抱えている。ただ「自分は特別な人間じゃない」ということ。それは反・特権意識である。人が何かで優秀になれるのは、まだ優秀でないことを自覚しているからだ。

この続きをみるには

この続き:1,048文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

2019年に書かれた(書かれる)「ちはるのファーストコンタクト」のすべての記事が読めます。300本以上になる予定です。月額購読するより...

または、記事単体で購入する

【本】マーク・マンソン『その「決断」がすべてを解決する』:いくつもの点でアドラー心理学に合致する

向後千春

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ご愛読ありがとうございます。もしお気に召しましたらマガジン「ちはるのファーストコンタクト」をご購読ください。

今日もいい1日を!
9

向後千春

早稲田大学人間科学学術院教授。博士(教育学)(東京学芸大学)。専門は、教育工学、教育心理学、インストラクショナルデザイン、アドラー心理学。ちはる塾主宰:http://cricenter.wordpress.com/

ちはるのファーストコンタクト(2019年)

2019年に書かれた(書かれる)「ちはるのファーストコンタクト」のすべての記事が読めます。300本以上になる予定です。月額購読するよりも割安になっています。
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。