見出し画像

恋するように旅して〜ウズベキスタン編⑩ブハラ2

さっきの強烈な青色に当てられた影響を引っ張りつつ、続いてアルク城へ。

ブハラ=ハン国の居城だけあり、さすがの城構え。お城と言うけれど、この中に町が入っている造りになっている。

入ってすぐの暗い監獄ゾーンを抜けると、街を構成する様々な建物が広がる。

モスクを通り、謁見の間へ。

直射日光があたり、暑い!
凛々しいはずのライオンも、心なしか
「あっちい」と言ってるように見える。

うだるわ〜と勝手にアテレコしながら見渡すと、羽が生えた猫ちゃんも出てきた。間違いなくライオンより凛々しいぞ。

謁見の間の玉座は子供たちがわんさかわんさか。

場所を変えて、カラーン・ミナレットへ。ブハラといえばこの塔が出てくるほど、象徴的な建造物。

チンギス・ハンの破壊も免れ、長きに渡りブハラの目印になっていた塔。

そして、お向かいのミル・アラブ・メドレセ。

内装。

そのままてくてく歩く。

褐色の壁が、青空をより映えさせる。日本と違うのはもちろんだけど、そもそもタイムスリップしたような、時間軸すら違うところに迷い込んだ印象を受ける。

しばらく歩くと、アブドゥールアジス・ハン・メドレセに出た。

色はところどころ剥げているけれど、中も鮮やかな配色になっているのが窺える。

タキと呼ばれるバザールゾーンを抜けると広場になる。

リャビハウズ。池が涼しげ。

ナデイール・ディヴァンベギ・メドレセ

はーい、はじめましてー。ズームしまーす。

見てるねぇ。こっちガン見してるねぇ。
もちろんこれも本来イスラム的にはアウト。けど、味がある表情がずっと見ていても飽きない。

このメドレセ前は広場になっていて、民族衣装を着て、音楽を演奏し、それに合わせて踊る人々が沢山いて、盛り上がりがすごい。

あのマイナー調の少し切ない曲調が広場中に響く。

ずっと聴いていたい気持ちもあったけど、少し疲れてきたので広場を後にする。

振り返って広場を遠巻きに見ると、想像以上に茂ってた。緑と青空とメドレセの組み合わせが新鮮。

そして歩いて3分、ホテル到着。
老舗ホテルだけど、古さはあまり感じず、かわいい建物。

しかも中庭が充実している。
丁度夕暮れ時、中庭で休憩がてらビール片手に読書することに。

自然光で読書が厳しくなるまでのんびりした後は、ブハラディナー。

さぁ、ウズベキスタンの旅も明日が最後。もっと長期の旅にすればよかったなぁと思いつつも、そのまま日は沈んでいく。

#ウズベキスタン
#ブハラ
#シルクロード
#カラーンミナレット

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3

金子 さおり

関東在住の食品会社営業。関西出身で、入社後は5年間の九州勤務の後、東京へ。各地のおいしいお店で、お食事とお酒をいただくのが至福のひと時。ここ10年は、昔からの歴史好きが高じて、ちょこちょこ海外行ってます。

恋するように旅して〜ウズベキスタン編

18年4月末に行ったウズベキスタンの記録。 首都タシュケント、シルクロードのセンター街である青の都サマルカンド、最後のイスラム建築があるブハラ… 魅惑的で美しい建物と、様々なこと旅人を癒してきた地元飯の数々、そして東西交易の中で歩んだ歴史をご紹介します。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。