ご質問にお答えします!『テレビドラマと映画の脚本の違いは?』

脚本家志望の方から、こちらのご質問をいただきました。

ご質問、ありがとうございます!
テレビドラマと映画の脚本の違いは、細かく挙げていくと多々ありますが、私が一番強く意識しているのは、「観る人の離脱のハードルの高さ」です。
この投稿では、その点に絞ってご説明したいと思います。

一か月ほど前に、私はこんなツイートをしました。

テレビドラマは、簡単に途中で視聴を止めることができます。
それに対して映画は「一旦観始めた人は、よほどのことがない限り、最後まで中断なしで観続ける」という前提があります。
脚本を書く側の視点で言うと、
「テレビドラマは、『冗長すぎる』『難解すぎる』『精神的な負荷が大きすぎる』等の理由で離脱されることを避ける必要がある」
ということになりますね。

ですので私は、ドラマの場合には、
「淡々とした描写が続きすぎないよう工夫する」
「観ていてつらくなるような描写がある程度続いたら、ホッと息を付けるシーンを入れる」
といったことをより強く心がけています。

逆に映画の場合は、「テレビだったら離脱するかも…」というレベルまで主人公にとってつらい描写を重ねた後、終盤で一気に回復させ、観客に大きなカタルシスを味わってもらう、といったことも可能です。
冗長さに関しても、映画の場合には「あえて一定時間、のんびりとした空気を作った後、一気にボルテージを上げて観客の興奮度を高める」という手が使えます。

質問者さんは昨年大ヒットした映画『カメラを止めるな!』をご覧になっているでしょうか?
この映画を劇場で観た人の多くは、序盤で、
「イタい自主映画観に来ちゃった……」
と感じたはずです。
ところがこれは、作り手の狙い通りの反応であり、「イタい自主映画だと勘違いさせること」が、その後の面白さへの導入になっています。
仮にテレビドラマでこの手法を使うと途中離脱の確率が高いです。
『カメラを止めるな!』の構成は、「映画ならではのもの」と言えるわけです。

……ということで参考になりましたでしょうか?
またご質問がありましたら、どうぞお気軽に。
これからもお互いがんばりましょう!
尚、これまでに脚本家志望のみなさんからいただいたご質問への回答は、こちらのマガジンにまとめてあります。

スキ♡ボタンは、noteに会員登録してない方も押せますよ!

#脚本 #シナリオ #エンタメ #質問 #マシュマロ
***********************************
Twitterアカウント @chiezo2222

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

noteで全文無料公開中の小説『すずシネマパラダイス』は映画化を目指しています。 https://note.mu/kotoritori/n/nff436c3aef64 サポートいただきましたら、映画化に向けての活動費用に遣わせていただきます!

ありがとうございます!ぜひまた読みにいらしてくださいね
26

脚本家志望の皆さんのご質問にお答えします!

現役脚本家の中川千英子が、脚本家志望の皆さんからのご質問にお答えした投稿をまとめていきます
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。