香港ディズニーランドの魅力について語りたい

全面的にカッコいい!スタイリッシュ!みたいなのがちょっと苦手です。
例えば、代官山の蔦屋書店。「オシャレにもほどがある」みたいな感じでかえって居心地が悪く、何度入ってみても5分以上いられない。(※個人の感想です。)
こういう体質なので、空間プロデューサーとか(そんな職業まだあるのか知らんけど)そういう人が、目いっぱいカッコよくしようとがんばって作ったであろうオシャレスポットに、スウェット着用のヤンキーカップルがいたりすると、ちょっとうれしくなり、「いいぞ、もっとやれ!」と心の中で応援してしちゃう。
「ちょっと隙がある方が好き」ということですかね。

そんな私が、香港ディズニーランドの魅力について語ってみたいと思います。
東京ディズニーランドに比べて小ぶりですが、ライオンキングのショー等、ここにしかないアトラクションもあり、時期によってはミッキーたちが中華風のかわいいコスチュームを着ていたりもします。
でも、香港ディズニーならではの味わいは、独特の”ぬけ感”にあると思うのです。

東京ディズニーランドといえば、キャストの皆さんの笑顔と神対応が大きなウリですよね。
でも香港ディズニーのキャストは、あんなに張りつめていません。
以前私が行ったったときは、入場ゲートのお兄さんが、チケットをもぎりながら「ふぁ~」と大あくびをしていました。
園内のお掃除の人も、シャカシャカ動いたりしない。
そんな光景が、東京ディズニーに慣れた日本人の目にはかなり新鮮に写ります。
すべての設備がきちんと「ディズニーワールド」なんですが、その中で働く人たちのゆるさとのギャップがたまらない。
イッツ・ア・スモールワールドも、スペースマウンテンもあって、そういうところのキャストはちゃんとコスチュームを着た若者たちなんですが、園内を一周する香港ディズニーランド鉄道(アトラクションというより移動手段)は「白いワイシャツと紺のスラックス」ぐらいの格好のおじさんが案内係を務めていたりします。
ディズニーランドのキャストなのに、白シャツの下に着たランニングがツキノワグマっぽく透けてる!
……という衝撃が味わえるのも、香港ディズニーならでは。

間もなく旧正月。香港ディズニーも色んなイベントを用意していると思います。
東京では決して味わえない、「ぬけ感があるディズニーランド」を一度楽しんでみてはいかがでしょうか。

#日記 #エッセイ #コラム #香港 #ディズニーランド #海外******************************************
Twitterアカウント @chiezo2222

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

noteで全文無料公開中の小説『すずシネマパラダイス』は映画化を目指しています。 https://note.mu/kotoritori/n/nff436c3aef64 サポートいただきましたら、映画化に向けての活動費用に遣わせていただきます!

ありがとうございます!ぜひまた読みにいらしてくださいね
27

コメント2件

同じことではないかもですが……。
子どもの頃ディズニーランドでピーターパンが公衆電話で電話してたのが結構思い出として残ってます……。私達が見たら手を振ってくれて、電話もポーズ決めながらしてたんですけど、でもあの時の「ええええ」感は今でも思い出すと笑いが込み上げる。他のこと覚えてません(笑)
NANAさん コメントありがとうございます! 公衆電話で通話するピーターパン……想像するだけで笑えます! テレホンカード(←懐かしい)持ってたのかな? 小銭でかけてたんですかね。ポーズ決めたからって許されるもんじゃないですね(笑)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。