小説『すずシネマパラダイス』最終話

【はじめに】

能登半島の先っぽの町「珠洲(すず)」を舞台にした町おこしコメディー小説『すずシネマパラダイス』第一話~十ニ話を読んでくださった皆さま、ありがとうございます。

2019年1月1日より投稿を始めた「すずパラ」も、今回で最終話となります。
本作のWEB公開に至るまでの経緯はこちらの投稿にも書きましたが、元々は映画脚本として執筆したものを小説にリライトし、どういった形で公開するか決められないまま、昨年末までPC内で原稿を眠らせていました。

暮れも押し詰まった頃、突然「noteで公開すればいいのでは?」と思い立ち、元日から公開し始めたわけですが、その直後から「面白い」「続きが気になる」「懐かしい感じがして好き」「最新話まで一気読みした」とうれしい感想をたくさんいただき、この投稿をする直前の時点で、PV数合計は12,756となりました!

前話(第十二話)投稿時にはツイッターで、こんなコメントもいただきました。

皆さん、本当にありがとうございます!
最終話もお楽しみいただけたらうれしいです。

☆第一話~十ニ話をお読みになる方はこちら

☆前話までのあらすじだけをお知りになりたい方はこちらをどうぞ。
第十ニ話までのあらすじ:

映画監督になる夢をあきらめ、故郷の珠洲(すず)に帰ってきた浜野一雄は、珠洲に暮らす老人・藪下栄一と共に町おこし映画の制作を始める。
一雄は、かつて珠洲の映画館の映写技師だった栄一をモデルに脚本を書き、珠洲の人々と撮影準備を進めた。
栄一の憧れの人である大スター・吉原小織の出演が奇跡的に決まり、映画はクランクイン。
いくつものトラブルを乗り越え、ようやく撮影は終了した。

☆以下、最終話です。

【最終話】

 翌年三月、飯田商店街の映画館「モナミ館」が三十三年ぶりに復活した。
 モナミ館は閉館後、何人かの手に渡り、今は理恵子の夫、谷内宏和の持ち物となっている。
 買い取った当初、宏和はモナミ館をすぐに取り壊すつもりだった。自宅と敷地が繋がっているので、両方とも壊した上で、広い土地に新居を立てようと考えていたのだ。
 しかし、今の家にも、懐かしいモナミ館にも思い入れがあり、ふんぎりがつかないまま時が流れていた。

 そんなモナミ館を一日だけ復活させてほしいと、宏和は一雄から頼み込まれた。映画「珠洲(すず)パラ」の完成を記念して、モナミ館で上映会を開きたいというのだ。
 監督としての一雄の奮闘ぶりを見ていた宏和はこれを受け入れ、町の人々にも話をしたところ、館内のごみの撤去や掃除を手伝ってくれた。さらに宏和は、工務店に依頼して簡単な改装工事も行った。

------------------

 『珠洲シネマパラダイス』の完成披露試写会当日、モナミ館には多くの人が詰めかけ、映画黄金期を思い起こさせるような大盛況となった。
 一階の客席は撤去されていたので、パイプ椅子をぎっしりと並べ、二階の桟敷席も開放した。それでも満席になり、立ち見客も大勢いる。

 熱気でいっぱいの劇場内に上映開始を知らせるブザーが鳴り響くと、盛大な拍手が起こった。
 ブザーが止み、長年閉ざされていたスクリーンのカーテンが開くと、野村演じる永吉のニヒルな笑顔と共に、タイトルが映し出された。

 物語の序盤は、主人公の永吉と、呉服屋で働くマリとの淡い恋模様が中心だ。
 オーディションで選ばれた主役とヒロインは別として、出演者たちは緊張のあまり動きがギクシャクしたり、セリフをとちったりしてばかりで、その姿がスクリーンに映る度に、客席から笑いが起きた。

 物語中盤、永吉はマリと見付海岸でデートをしている。軍艦島を見ながら、永吉は自分が潜入捜査官だと打ち明けた。
「ええっ!? 永吉さん、あなた警察官だったの?」
「ああ。騙して悪かったな。だが、あんたにだけは本当のことを知っといてほしかったんだ……」
 シリアスな顔で言った直後、永吉は、唐突に話題を変えた。
「ところで、明日は飯田燈籠山祭りだな。俺と一緒に行かねえか?」
 海岸のシーンはそこで終わり、燈籠山祭りの映像に切り替わった。展開が無理やりな上に、海岸のシーンは冬だったのに、燈籠山祭りは夏祭りなので、観客たちはドッと笑った。
 燈籠山祭りの映像は数秒で終わり、次は永吉とマリが須須神社の境内でデートするシーンに変わる。
「この前の燈籠山祭りは迫力があったなぁ」
「ええ、そうね」
「ところで、来週の宝立七夕キリコ祭りも一緒に観に行かねえか?」
 そしてまたシーンが変わり、宝立キリコ祭りの映像が流れ始める。
 一雄が、撮りためた祭りの映像をすべて使おうとしたため、強引な展開が続き、観客たちは、デートシーンと祭りの映像が繰り返される度に大笑いした。

 終盤の飯田商店街での銃撃戦シーンになると、客席はさらに盛り上がった。
 この場面の永吉は、田代組、大沢組の両方から銃で狙われている。マリと一緒に電柱の陰で銃弾をよけながら、永吉は必死で応戦していた。
 脚本を書いていたとき、一雄は、息を呑む緊迫のシーンになると想定していたのだが、そうはいかなかった。
 映し出された映像の中には、ヤクザだというのに銃から火花が出るのを見て怯えている者や、動きの段取りがわからなくなって右往左往する者がいて、観客席は爆笑の連続だ。

 銃撃戦が続く中、一際大きな銃声が響いた。永吉とヤクザたちがそちらに目を向けると、広岡が演じる呉服屋の店主が、ライフルを抱えて立っている。鬼の形相の店主を見て、マリは震える声で言った。
「しゃ、社長さん……まさか……」
 永吉は、ニヤリと余裕の笑みを浮かべている。
「へえ、お前さんが大沢組の黒幕だったってわけか」
 温和な呉服店主というのは、この男の仮の姿だった。田代組も正体を掴めずにいた「大沢組長のバックにいる男」こそが、彼の真の姿だったのだ。

 永吉は突然、電柱の陰から飛び出すと、呉服店主の方に向かって歩き出した。先ほどまでは永吉に向けて発砲しまくっていたヤクザたちは、永吉の迫力に押され、誰も手出しをしない。
「あんたの狙いは俺なんだろ? だったら、一対一で勝負しな」
 そう言うと永吉は、呉服店主に向かって拳銃を放り投げた。相手がそれを受け取ったのを確かめると、永吉は懐からもう一丁、銃を取り出す。
「さあ、どうする?」
「……いいだろう」
 そう答えると呉服店主は、ライフルを足もとに置いた。そして、永吉から受け取った銃をポケットに入れると、こう告げた。
「あんたもそいつをポケットに入れて、向こうにむかって好きなだけ歩きな。あんたが振り返ったら……勝負だ」
「OK」
 それを聞いてマリが悲鳴のような声を上げる。
「永吉さん、止めて!」
 永吉は、マリにニヒルな笑みを向けた。
「心配すんなって」
 呉服店主に背を向けると、永吉はゆっくりと歩き出す。
 マリもヤクザたちも、そして観客たちも、息を詰めて勝負の行方を見守った。

 やがて永吉の足がぴたりと止まり、振り返った瞬間、二つの銃声が鳴り響いた。
「ううっ!」
 声をあげたのは、呉服店主だ。一瞬早く放たれた永吉の銃弾が、呉服店主が手にした銃を弾き飛ばしたのだ。
 勝負あった、と永吉は安堵の表情を見せた。永吉の願いは、マリとこの町の人々を守りたいということだけで、なにも呉服店主を殺したいわけではない。
 だが呉服店主は、尚も食い下がってきた。足もとのライフルを拾い、永吉に銃口を向けてきたのだ。
「永吉さんっ!」
 マリの叫び声とライフルの銃声、そして永吉が弾丸を放つ音が同時に響いた。
「うぐ……」
 呉服店主は胸に銃弾を受けて、崩れ落ちた。
 永吉の方はとっさに身をかわしており、無傷だ。

 そこにパトカーのサイレンが聞こえてきた。一雄は、怯えているマリに歩み寄る。
「……これで、お別れだ」
「えっ……」
「こんだけの騒ぎ起こしたんだぜ? 大人しくお縄をちょうだいするしかねえよ」
「そんな! 永吉さんは、潜入捜査官なんでしょう?」
 永吉は、またニヒルに笑った。
「とっくに辞表出したさ。デカの立場のまんんまじゃ、できねえことが多過ぎる。それじゃあ、あんたを守りきれねえからな……」
 パトカーは永吉のそばに停まり、中から警官たちが降りてくる。
 永吉は両手を差し出し、自ら手錠を受けた。警官たちは永吉をパトカーに乗せて走り去った。
 遠ざかっていくパトカーに向かってマリが叫ぶ。
「永吉さん! あたし待ってる! ずっとずっと、いつまでも待ってるから!」

 それから長い長い時が流れた。
 夕暮れの仁江海岸に、海を見つめる女の姿がある。
 マリだ。演じるは、吉原小織。夕日を見つめる瞳が、美しくきらめいている。
 背後から足音が聞こえて、マリは振り返った。
 そこには、ウエスタンルックにテンガロンハットの男がいた。帽子を目深にかぶっていて顔が見えないが、マリにはそれが誰だかはっきりとわかった。
「……永吉さん」
 男は、昔と同じように人差し指で帽子のつばを上げ、ニヒルに笑って見せた。
 長い刑期を終え、やっとマリのもとに帰ってきた永吉。演じているのは、一雄の父、耕平だ。
「待たせたな……」

 代役の件はなんとかできると思う、と一雄に言ったときから、耕平の頭には「自分がやる」という考えがあった。演技などしたこともないが、自分が呼んだ、まん福師匠が怪我をした以上、責任があると思った。そして、その責任を果たすには、自ら代役を務めるしかない、というのが耕平の出した答えだった。
 ただ、耕平はラストシーンの永吉を演じるにしては若すぎる。そこで理恵子に頼んで、老けメイクをしてもらった。おかげでスクリーンの中の耕平は、ちゃんと「年老いた永吉」に見えている。

 耕平は、自分の雄姿を客席で妻と並んで観ていた。
「お父さん、カッコいい!」
 晴香は耳元でささやいて耕平に腕をからめ、耕平は、まんざらでもない顔で晴香にうなずいた。
 無事に永吉とマリが再会できたところで、スクリーンには大きな「完」の文字が現れ、エンドロールが流れ始めた。

 一雄は、それを映写室の小窓から見つめていた。
「じいちゃん、ありがとな……」
 そうつぶやいたが、映写室に栄一の姿はない。
 一雄は、栄一の遺影を抱えている。写真の中の栄一に、一雄は語りかけていたのだ。

 クランクアップから二か月後に、栄一は永眠した。ゴローの散歩中に倒れて救急車で運ばれ、そのまま入院となったとき、一雄はやっと栄一の嘘に気づいた。
 騙されたとわかっても、腹は立たなかった。それよりも、「余命宣告されたのは自分じゃなく、ゴローだ」などという嘘を、よくとっさに思いついたものだと感心し、そのやせ我慢を栄一らしいと思った。
 だから最期の日まで栄一の前では騙されたふりを続けた。ゴローを自分の家で預かって、
「さっさと退院せんかったら、ゴローがかわいそうやろ」
 と、栄一に発破をかけ続けた。

 映写室の小窓から見下ろすと、スクリーンの右半分に、キャスト、スタッフのクレジットが流れている。協力してくれた人全員の名前を乗せると、商業映画の大作にも負けないぐらい長いエンドロールになった。
 その間、画面の左半分には、珠洲の人々の笑顔が次々に映し出されている。劇中では表情が硬かった人たちも、ここでは自然に笑っていた。
 これには、ちょっとした仕掛けがあった。一雄は、エキストラのおばちゃんたちが、カットがかかった後の方がいい笑顔をしているのを見て、カメラマンの田中にこっそり頼みごとをしたのだ。
「田中さん、俺がカットかけた後も、内緒でちょっとだけカメラ回しといて」
 こうして一雄は、みんなの笑顔を撮りためていった。

 クレジットの最後に「監督 浜野一雄」の文字が流れてきた。そして画面いっぱいに、栄一の笑顔が写し出された。小織ちゃんの前で見せた、じいちゃんの最高の笑顔だ。
 栄一の顔が映ると、観客席からワッと歓声があがった。大きな拍手が、映写室まで届いてくる。
 そして、誰かがピィーッと指笛を吹いた。次々と後に続く者がいて、場内を甲高い音が飛び交い、「監督、ようやった!」「たいしたもんや!」という声も聞こえてくる。

 ――そうだ。初めてここに来たとき、じいちゃんが教えてくれた。
 昔は映画が終わると、指笛や掛け声で大さわぎだったと。
「もちろん、いい映画のときだけやぞ」
 栄一のその声が、一雄の耳の奥に響いていた。

〈了〉

皆さま、最終話までお読みいただき、本当にありがとうございます。
連載はこの投稿で最後となりますが、「すずパラ映画化への道」はまだ始まったばかりです!
今後の映画化を目指しての活動についても、noteでお知らせしていきますので、引き続き応援よろしくお願い致します。

☆『すずパラ』が最新話まで一気読みできるマガジンはこちら

※今回のトップ画像は、能登の冬の風物詩「波の花」です。

※この物語はフィクションです。「珠洲市」は実在する市ですが、作品内に登場する人物・団体・名称等は架空であり、実在のものとは関係ありません。

『すずパラ』のPRにご協力くださる皆さんに、ポイント発行アプリmintで「すずパラポイント」をお贈りしています。
たまったポイントは特典に交換できます!
詳細は、こちらをお読みください。
スキ♡ボタンは、noteに会員登録してない方も押せますよ!

#小説 #珠洲 #能登 #石川県 #連載 #すずパラ
****
Twitterアカウント @chiezo2222

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

noteで全文無料公開中の小説『すずシネマパラダイス』は映画化を目指しています。 https://note.mu/kotoritori/n/nff436c3aef64 サポートいただきましたら、映画化に向けての活動費用に遣わせていただきます!

ありがとうございます!ぜひまた読みにいらしてくださいね
41

連載小説『すずシネマパラダイス』

コメント5件

小野寺宏友さん
こちらこそ、第一話からずっと応援していただき、ありがとうございます!
HDDの中で長らく塩漬けになっていた作品を、思いがけず大勢の方に楽しんでいただくことができて本当に嬉しく思っています。
ただ、私は欲が深いので(笑)、もっと多くの方に読んでいただきたいですし、映画化に向けての活動もいろいろとやっていくつもりです。
今後とも一雄&栄一、珠洲のみんなをよろしくお願い致します。
レッツ欲深!(笑)
中川さんの上昇志向とメソッドなら実現できそうですね。
遂に最終回でしたね。
ちょっと寂しい気分です。。。
映画化への道も書いてください〜。
応援してます♫
Kana ckey Tokuraさん
いつも応援していただき、ありがとうございます。
今後は映画化を目指してがんばります!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。