見出し画像

Formula 1:栄光のグランプリ

ネットフリックスは「ローマ」で、映画も創れるということを証明した。
しかしやはり、真骨頂はノンフィクションであろう。
「Formula 1:栄光のグランプリ」には、F1の顔であるフェラーリとメルセデスは全く出てこない。それでもこれだけのものを創ってしまうのは、さすがネットフリックスである。むしろあまり知ることができない下位チームの内幕などは、逆手に取ったおもしろさであろうか。
F1を観ない人にこそ薦めたいドキュメンタリーだ。
ただ残念なのは、字幕。誤字脱字多し。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

7

ท่านชาย

Every word I write is a lie, including ‘and’ and ‘the’

映画と本のこと

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。