公務員試験に合格したいなら_人事担当者にとって都合のいい面接カードを書くべき

公務員試験に合格したいなら、人事担当者にとって都合のいい面接カードを書くべき

目指す自治体への採用を成功させる最初の関門は、面接カードを完璧に仕上げることです。

人手不足で就活市場は売り手有利と言われていますが、公務員の人気はいまだ衰えず、どの自治体も高い競争率となっています。

公務員試験の面接官は、一度にたくさんの履歴書や面接カードに目を通すことになりますが、熟練の人事担当者は一目見ただけで「上手く書けているかどうか」が分かります。

頭をフル回転させて書いた面接カードなのに、人事担当者からは厳しい評価だった・・・なんてことは珍しいことではありません。

公務員試験の受験者にとって、これほど悲しいことはありませんが、面接カードをきちんと書けてない人は意外と多いんです。

※私も面接カードの書き方を習うまでは、ちゃんとした書き方が出来ていませんでした。

公務員試験を受けるからには、面接カードで失敗せずに、大一番である面接試験を突破したいですよね。


このnoteでは、
・失敗しない、面接カードの書き方
・人事担当者にとって都合のいい面接カードを書く方法
について解説しています。


公務員試験の面接カードで失敗したくなかったら、「人事担当者にとって都合のいい面接カードを書くこと」

これに尽きます。

本記事では、公務員試験の面接カードを完璧に仕上げるための4つのポイントを紹介していきます。


シンプルに分かりやすい面接カードを書く

面接カードは基本的に書き方は自由ですので、受験者の「個性」が発揮されます。

書くことは、志望動機や自己PR、公務員としてやりたい仕事などですが、まずは「分かりやすいこと」が一番重要です。


第一印象を良くする

公務員試験の人事担当者は、面接カードを読むときの第一印象で下記のポイントをチェックします。

この続きをみるには

この続き:2,449文字

公務員試験に合格したいなら、人事担当者にとって都合のいい面接カードを書くべき

公務員さん

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

公務員さん

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。