見出し画像

竹林茶話会 ~哲学Cafe@柏bamboo~ 第四十七回開催情報

「竹林茶話会 ~哲学Cafe@柏bamboo~」の開催情報をこちらでお知らせします。

~~~~~~~~~~~~ ~~~~~~~~~~~~ ~~~~~~~~~
フェイスブック・イベントページ 
https://www.facebook.com/events/327466734589890/
フェイスブック・コミュニティ 
https://www.facebook.com/chikurinsawakai
~~~~~~~~~~~~ ~~~~~~~~~~~~ ~~~~~~~~~
竹林茶話会 ~哲学Cafe@柏bamboo~ 
第四十七回 テーマ 「感情、情念、パッション……」
開催日時 2019年6月8日(土) 17:00頃〜(19:30頃までを予定)
開催場所 bar bamboo http://bar-bamboo.com/(地図等ご参照下さい)
主催者メールアドレス chikurinsawakai@yahoo.co.jp
料金 1000円(1drink付き)
~~~~~~~~~~~~ ~~~~~~~~~~~~ ~~~~~~~~~~
第四十七回「竹林茶話会 ~哲学Cafe@柏bamboo~」、今回のテーマは……

「感情、情念、パッション……」

です。

さてさて、今回は、哲学の、大・大・大問題です!

ほぼ哲学が始まったころから、ほとんどの哲学者たちが、人間の感情的な部分を、軽蔑し、敵視し、あるいは、なんとかしてコントロールする方法を考えてきました。

感情的な部分について語られることがあったとしても、それは、あくまでも「『感情』について『理性』的に考え、語る」という仕方でおこなわれてきたにすぎません。そういった意味では、「感情的な部分そのもの」は、哲学の「外部」にあるのであり、哲学の「他者」であるとも言えます。

もしかしたら、哲学が「人間の理性的な営み」として成り立っている(とされる?)のは、人間の感情的な部が排除されることによって、なのかもしれません。

しかし、もちろん、哲学とは人間による営みです。
そして、人間というものは、ただ理性的な生きもの、であるだけではありません。
人間を全体として考え、語ってこと、真の哲学なのではないか!?

……おっと、告知の段階で、飛ばしすぎましたね^^;
ちょっと「感情的」になってしまったようです(笑)。

さてさて、このような大・大・大問題について、我らが竹林茶話会は、どのように取り組むのでしょうか!?
今回に限っては(?)、参加者の皆さんにも、多少、「感情的」になっていただいてもかまいません……かしら?(笑)

今回も、今回もたくさんの方々のご参加を、お待ちしております!



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

中畑邦夫

博士(哲学)。こちらでは、哲学にかんする文章を配信してゆく予定です。ご期待ください。

イベント等のお知らせ

中畑が主催するイベント等のお知らせです!