ルームメイトの明暗|ダブリン留学

週末にロンドンに2泊3日の弾丸トラベル3万歩を体験して、戻ってきた今週。

なにかとお騒がせなスパニッシュガールズは、とうとう友人を招くに止まらず、泊めていたらしい(笑)問題視されているとわかっていてこの行動力。私は見習いたい。昨日は見知ぬメンズがいる。おばさんはたじたじ。一度はこんな人生を私も選択するべきだったのではと自分に疑問を投げかけてしまった。

最近わかってきたけど、スパニッシュガールズ

もっとみる

竹林茶話会 哲学cafe@柏bamboo 第五十回記念懇親会

竹林茶話会 哲学cafe@柏bamboo
第五十回記念懇親会

開催日時 2019年9月14日 午後八時より
会場   BAR bamboo 〒277-0021 千葉県 柏市中央町2-10 KSSビル4F
     Tel 04-7128-9939
参加費  哲学カフェから続けてご参加の方 1,000円
     懇親会からご参加の方 1,500円
     +お飲物代(キャッシュオン)(軽食等ご

もっとみる

「第四十九回 竹林茶話会 哲学cafe@柏bamboo」開催後記

「第四十九回 竹林茶話会 哲学cafe@柏bamboo」開催後記

8月10日、「第四十九回 竹林茶話会 哲学cafe@柏bamboo」が開催されました。

テーマは「異常」。

参加者はマスターと私を含めて20名ほど。
これほどの人数が集まったのは、第一回目以来のことではないかと想います。
立ち上げ期に盛り上げてくれた懐かしい顔ぶれ、初めてご参加いただいた方々、そして久しぶりに高校生の方にご参加

もっとみる

再び、立ち上がるために。

久しぶりに図書館へ行った。前に読んだ本をめくってみたら、鉛筆でところどころに薄く線や丸印が書いてあった。その所を見てみたくなったので借りてきました。市内の医療系の学生が付けたように感じられます。

この本は、私にとっては今も『すご本』の一冊です。たぶん、三回くらい読んだかもしれません。
死を題材にしている本ですが、治る見込みの無い人に対しても、又その人を看護する人に対しても、強烈に残りの生に対して

もっとみる

河合隼雄が残した言葉には医療で生じた違和感におけるあらゆるヒントが残されていると思って大事にしている。
「ものが豊かになればなるほど心も豊かに使わなければいけない。」
医療現場で哲学カフェのニーズが確実にあるのは、医療現場自体の選択肢がさらに増えていっているからだと思う。

おもてなしの反対?|ダブリン留学

ちょっと日本が恋しくなったので、日本の大都会の写真をあげました。

さて、前回おもてなしの失敗を書きました。
良い人たちの別れはとても寂しものですが、間髪入れずに入ってきたニュールームメイトは、ドイツ人、中国人ではなく、スパニッシュガール(18)2人。インスタ交換しましたがインスタグラマーですね。きっと。

で、それで、です。

自分も経験があるだけにもう何も言えない。ついでに、自分がHSPなもの

もっとみる

8/24&31
りんかい教室f企画

①宮崎駿研究&日本人研究
この2冊を元に考える。

②新書+心理と精神本限定
りんかい流読書会

参加550円
14〜16時
大阪江坂駅近く喫茶店

お気軽にメッセ下さいね( ´ ▽ ` )ノ
waniproject99@gmail.com

嬉しく感激!あなたの声を聞かせて貰って良いですか?ヾ( ´∀` )
15

人と人を通して自分を知っていく

誰かを通して、自分を知る。

それを繰り返して、深めていくことは、刺激的でおもしろい。

先日、哲学カフェに参加してみた。
初めましての人が半数ほど、総勢12人で、
テーマからどんどん考えたことを話していく。

今回のテーマは、「運」。

「最近、運がいい、悪いっと思ったこと」
から始まり、

「運ってコントロールできる?」

「運のよしあしは解釈の違いだ」

「運て、縁のことじゃない?」

「引

もっとみる

自分に投資すると言うこと|雑談

留学での話になるのだろうけど。

ルームメイトに驚かされた。noteで自分の留学が38と遅かったことをつらつらと書いたけど、それは本当はどうだったんだろう。

アジア系の子達は若い。だいたい20台前半。ヨーロッパ系の子達は20台後半が多いかな。みんなまだ大学生だって。その中にも一度は語学留学に来て、50台、60台になってサマーバケイションで来ている人もいる。

一つ言えるのは自分が明確な必要性やキ

もっとみる

【カフェ店員が分析してみた客席の景色とタピオカブームに少しだけ触れた記事☕️】

カフェと聞いて、すぐに思い浮かべるのは何でしょう。例えば、「スタバ」だったり「タリーズコーヒー」だったりするでしょう。コーヒーの文化はもともと日本で始まったわけではないのにも関わらず、カフェやそのブランドが日常に浸透しているのは、企業努力の賜物だったりするわけです。今回は【カフェ店員が分析してみた客席の景色とタピオカブームに少しだけ触れた記事☕️】というタイトルで書きました。

【この記事は読むの

もっとみる