くらげ×寺島ヒロ 発達障害あるある対談 第三回 「ご飯を作るのも食べさせるのも一苦労」ってお話

〔く〕早いものでもう第3回になりました。

〔寺〕第2回から有料になりましたけど、今のところの購入者数はどうなってるんでしょうか?

〔く〕まだ細かく集計してないんですよね。次回までにある程度お見せできる形になっていればいいかなと。

〔寺〕楽しみにしています(笑)

〔く〕さて、第3回は「料理」をテーマに語り合いましょうと。

〔寺〕前回はくらげさんが目立ってましたから、わたしが活躍できるテーマがいいなって(笑)

〔く〕寺島さん、フェイスブックでほぼ毎日お弁当の写真を載せてますよね。彩りがよくておいしそうで、すごいなーと毎日感心してるんですけど。ボクのなんて絶対人に見せられないです(笑)

(寺島作)

(くらげ作)

〔寺〕趣味は料理といえるくらいには好きなんですよ。でも、くらげさんもご飯はぜんぶ作っているんでしょ?凄くないですか?

〔く〕ボクの場合は必要だから作ってるだけですよ。凝ったものとか全然作れないです。弁当なんかも前日の余り物か冷凍食品を朝食作りながら詰め込むくらいで。

〔寺〕本当に主夫ですね。でも、わたしもよく見ると分かるんですけど、お肉かお魚、野菜、練り物のローテーションなんです。毎日イチから献立を考えるのはムリ!

〔く〕そうなんですか。全然そうは見えないですよね。ボクも3品は入れるようにしてるんですけど、この違いはなんなんでしょうね(笑)

〔寺〕わたしは発達障害が関係あるかどうかわからないけど、ちゃんと揃ってないとイヤなんです(笑)

〔く〕出た、揃える(笑)逆にADHDのボクは「とにかくぶち込んどけ!食えりゃいい!」くらいの勢いで詰め込むから「揃える」とかというのは無縁ですね。

〔寺〕その中間くらいのところに「普通」がありそうな気がしますね。

この続きをみるには

この続き:1,781文字/画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購入する

ADHD・難聴のサラリーマン「くらげ」とアスペルガー症候群の漫画家「寺島ヒロ」が発達障害に関するエトセトラを傍若無人に放言しまくる対談...

または、記事単体で購入する

くらげ×寺島ヒロ 発達障害あるある対談 第三回 「ご飯を作るのも食べさせるのも一苦労」ってお話

くらげ

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

妻のあおががてんかん再発とか体調の悪化とかで仕事をやめることになりました。障害者の自分で妻一人養うことはかなり厳しいのでコンテンツがオモシロかったらサポートしていただけると全裸で土下座マシンになります。

好きなところをコメントに書いていただけると喜びます
11

くらげ

くらげ×寺島ヒロ 発達障害あるある対談 第1巻

ADHD・難聴のサラリーマン「くらげ」とアスペルガー症候群の漫画家「寺島ヒロ」が発達障害に関するエトセトラを傍若無人に放言しまくる対談集です。第1巻は「第1話〜第10話」を収録しています!
1つのマガジンに含まれています

コメント1件

こんにちわ~~

私は、2年間くらい嫁さんと娘の弁当を作っていた事はありますが、くらげさん方式で前日の残り物+冷凍食品を詰め込むという感じで見栄えは特に考えてませんでした。

でも嫁も娘も基本的には残さず食べてくれますので、非常に楽ではありましたが・・・
寺島さん宅のような感じだと大変だろうなぁ・・・とは思いました。

料理自体は好きなんでいろいろ作りますが、どちらかというと誰かに食べて欲しいからという理由よりは、自分が作って食べたいから作るという感覚が強いです。

ただ最近は低糖質メニューにシフトしているので、料理を作ることは少なくなりましたが・・・
今は40代になり、食べれば食べるだけ肉が付き、痩せにくい状況ですので、かなり気を使うようになりました。

それでは~~
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。