くらげ×寺島ヒロ 発達障害あるある対談 第80回 「トライアンドエラーを猛烈に回すADHDとアイデアが空から降ってくるように見えるASD」ってお話

〔く〕 こんばんは。くらげです。

〔寺〕 こんばんは。寺島です。さて、2週間続けて台風が週末に接近するという大変な事態になりました。うちは喘息持ちが多いのでゲホゲホいう声が絶えません…。

〔く〕 あおの咳喘息は相変わらず続いていて大変です。気圧性のものらしくて、とにかく台風が去って気候が安定してくれないと治る見込みもないという。

〔寺〕 私の知り合いの発達障害者も軒並み体調を崩していますね。くらげさんは大丈夫ですか?

〔く〕 現在、高熱で倒れ伏してます(笑)

〔寺〕 駄目だったー!?

〔く〕 いやー、体調がなんとなく悪くて動けない、というのはしょっちゅうですけど、明確に高熱が出てあまり動けなくなる、というのは久々ですね!

[寺] くらげさんはあまり風邪はひかないタイプなんですね。ばk…

[く] はいはいやめやめ!まぁ、そういうわけで金曜日の午後に急に発熱して寝込んでるんですけど暇ですね。

[寺] 暇?寝ているのがですか?

[く] 寝ているのがですね。スマホで時間つぶしするしかない。中途半端にどこか行きたくなったりするけどあおから「家にいろ!」と怒られますし。

[寺] いや、高熱で休んでるんでしょう?休むって意味知ってます?(笑)

[く] まぁ、食料のこともあるのでコンビニに頼り切りでしたけど、ちょくちょく外には出ていましたね。大雨で動くのがしんどかったのもありますけどね。

[寺] まぁ、そうですよね。台風ですもんね。

[く] なので、婚姻届とかを書いてましたよ。

[寺] え、それ、仕方なくなの!?(笑) 暇だなーと感じるのは、やることを忘れている(もしくはやりたくない)からなのではという疑惑が。

[く] いやまぁ、色々先延ばしとやらなきゃの間で大変ですね。忙しくしたいのに先送りが発生すると面倒ですよね。

[寺] 大変のループ…そのへんもう少し詳しくお聞きしたいですね。

[く] なんですかね、栓がされる感じですね。「やらなきゃいけないこと」が溜まってくるとなんか頭の中のスケジュールが渋滞するんですよね。特に「今すぐじゃない」というものが満杯になるともう「やらなきゃ」と「やらなくていいや」の板挟みなんですね。それを乗り越えるには外圧的なものが必要ですねぇ。あおの叱責だったり別な「今すぐやること」が流れ込んできたり。

この続きをみるには

この続き:2,258文字/画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購入する

ADHD・難聴のサラリーマン「くらげ」とアスペルガー症候群の漫画家「寺島ヒロ」が発達障害に関するエトセトラを傍若無人に放言しまくる対談...

または、記事単体で購入する

くらげ×寺島ヒロ 発達障害あるある対談 第80回 「トライアンドエラーを猛烈に回すADHDとアイデアが空から降ってくるように見えるASD」ってお話

くらげ

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

妻のあおががてんかん再発とか体調の悪化とかで仕事をやめることになりました。障害者の自分で妻一人養うことはかなり厳しいのでコンテンツがオモシロかったらサポートしていただけると全裸で土下座マシンになります。

好きになったら拡散してくれるとうれしいなぁ
8

くらげ

くらげ×寺島ヒロ 発達障害あるある対談 第8巻

ADHD・難聴のサラリーマン「くらげ」とアスペルガー症候群の漫画家「寺島ヒロ」が発達障害に関するエトセトラを傍若無人に放言しまくる対談集です。第8巻は「第71話〜第80話」を収録しています!
1つのマガジンに含まれています

コメント3件

はじめまして。
先月この対談のことを知り、1話(1巻)から読ませていただいています。
pixivコミックで『うちのでこぼこ兄妹』を見かけたのをきっかけに、単行本を買いました。くらげさんのこともそこで知りました。
本はとても興味深く、面白いものでした!絵もそうですが、兄妹の日常、タケル君に対するいっちゃんの呼び方がかわいかったです。
高2の終わり頃にASD(アスペルガー傾向)と診断されてから、自分がどういう人間なのかを知りたくて発達障害――特にASDに関する著書(主に当事者の手記など)を色々と読んできました。その中で当事者の方の様子を見ながら、「ああ、その気持ちわかるなあ」と共感したり、なるほどとうなずいたり……『うちのでこぼこ兄妹』に関して言えば、いっちゃんが「楽譜の下書きを書くのがめんどくさーい」と言うのに、「うんうん、わかるわかる」と共感したりとかですかね(これに関しては私の体験〔作曲ではないけど〕もありますが)。
(下に続く)
『うちのでこぼこ兄妹』をきっかけに寺島さんのブログや、現在は電子書籍になっている『デ・キ・バ・カ』や『でこぼこ兄妹日記』も読ませていただきました。『デ・キ・バ・カ』では寺島さん自身の特性もより描かれていて、『うちのでこぼこ兄妹』とはまた違った発見(エウレカ)がありました。この対談もエウレカ!の連続ですけどね。
くらげさんの『ボクの彼女は発達障害』(1〜2巻)もすごくよかったです。漫画もいいですが、その後のくらげさんの解説・解釈がわかりやすいと思いました。くらげさんのあおさんを理解しようとする心掛けや配慮、違いを楽しむスタンス……素敵です。
この対談やお二人のブログ、書籍を読んでいると「私も(対談に)混ざりたい!」「寺島さん一家やくらげさん夫婦と実際に会って話してみたい!」という気持ちがほとばしります。私の場合、身近に自分と同じような障害を持っている人や、発達障害について色々語り合える人がいないからなおさらかもしれませんが……。Lotusの活動履歴の当事者の人たちで会合をしたというのを見た時は心底羨ましいと思いました。
(下に続く)
まだここ(第80回までと無料分)までしか読めていませんが、これからも少しずつ読み進めていきます。

長々と書きましたが、今は季節の変わり目。寺島さんもくらげさんも体調にはお気をつけて。これから先の内容も楽しみにしています。
機会があれば、Lotusの活動などで直接お会いできますように。
(長い上に直球で〔重くて〕すみません)

P.S. もう遅いですが、タケル君の大学受験合格おめでとうございます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。