くらげ×寺島ヒロ 発達障害あるある対談 第37回 1年の振り返り寺島編「発達障害だからって人きらいじゃないの」ってお話

〔く〕 さて、記念すべきnote1年目の最後の更新となりました。

〔寺〕 前回はくらげさんの1年の足取りを振り返りましたが、今回はわたしの振り返りをしてみようと(笑)

〔く〕 対談なので一方的に自慢して終わる、というのも(笑)

〔寺〕 はいはい、えらいえらい(棒)まぁ、わたしは主婦ですんでなにか人生の節目にあるようなことがあったわけでもないんですよね。

〔く〕 寺島さん一家のことでもいいですよ。特に息子さんが進学して大変なことが多かったようにお聞きしていますが。

〔寺〕 そうそう、noteのネタ元にもなってくれてる息子は今年無事に高校に進学しました。

〔く〕 それに伴って引っ越したんでしたっけ?

〔寺〕 ええ、住み慣れた土地を離れ、息子の学校の近くに引っ越しました。そのことが大事件でした。

〔く〕 息子さんはアスペルガーなんですよね。

〔寺〕 noteでしか知らない読者さんもいると思うので、少し説明すると、私の息子は幼少時から発達の速度にすごくむらがあったんです。わたしは高機能自閉症を疑っていたんですけど、IQが高すぎて、テスト形式だと地域の機関だと診断が出来なくて。8歳の時に発達障害者支援法ができてやっと診断がおりました。

〔く〕 診断されたのに伴い、何か変わりました?

〔寺〕 住んでいた地域では、2007年からがらりと支援体制が変わりましたね。それまでは「親のしつけ」「家庭の役割」とされていたところに光が当たり始めまして、小4から通級でサポートを受けられることになりました。

〔く〕 法律そのものは2004年に出来ているのでタイムラグはありますが、地方自治体としても手探りの部分があったんでしょうね。通級支援って、学校内の障害児用クラスで必要に応じて支援を受けることですよね。

〔寺〕 そうですそうです。でも、元々いた学校には通級クラスがなかったので、障害児支援の熱心な学校に転校しました(笑)

この続きをみるには

この続き:2,655文字/画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購入する

ADHD・難聴のサラリーマン「くらげ」とアスペルガー症候群の漫画家「寺島ヒロ」が発達障害に関するエトセトラを傍若無人に放言しまくる対談...

または、記事単体で購入する

くらげ×寺島ヒロ 発達障害あるある対談 第37回 1年の振り返り寺島編「発達障害だからって人きらいじゃないの」ってお話

くらげ

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

妻のあおががてんかん再発とか体調の悪化とかで仕事をやめることになりました。障害者の自分で妻一人養うことはかなり厳しいのでコンテンツがオモシロかったらサポートしていただけると全裸で土下座マシンになります。

好きになったら拡散してくれるとうれしいなぁ
3

くらげ

くらげ×寺島ヒロ 発達障害あるある対談 第4巻

ADHD・難聴のサラリーマン「くらげ」とアスペルガー症候群の漫画家「寺島ヒロ」が発達障害に関するエトセトラを傍若無人に放言しまくる対談集です。第4巻は「第31話〜第40話」を収録しています
1つのマガジンに含まれています

コメント2件

お久しぶりです。Noteのほう、気付かず(Twitterを開いていなかったのもある)やっとフォローしました。 
うちは夫が長男で、舅(長男)は鹿児島。鹿児島は男尊女卑が強いと言われています。でも男尊女卑というより「家長重視」で次男以下も(女性ほどではないにしろ)、え、そういう扱い?! という感じのようです。
夫は父親の実家でのお母さんの扱いに疑問を抱いていたのか、女性には優しいです。というか、私の家事の手順に疑問を抱いているせいか、食品の買い出しと食事の用意は彼がしています(前にもお話しましたが)。
それとは別に、まじめに考えると(まじめな答えは求められていない場だとは思いますが)、くらげさんのところは、かかあでんかとは違う気がしますw なんだかとりとめもなくなりましたが、今年もよろしくお願いします。
よでしゃさん、コメントありがとうございます〜ヽ(*´∀`)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。