新企画【渋谷川酒場寄席】7/10に開催します

 旧三月十二日。二十四節気では明日【穀雨(こくう)】に入ります。

  『春雨降りて百穀を生化すればなり。』
                 「暦便覧」(天明八年 1788年)

 東京では八重桜や花水木が見頃。藤の花もほころんできました。「春に三日の晴れなし」と言いますが、この春は一層不安定なようです。春雨は百穀を潤す、農業には欠かせない有り難いものです。貴重な青空を有効に、春の花や新緑を満喫しましょう。

 さあ、新企画の落語会のお知らせです。2003年から12年間に渡って開催してきた【居酒屋寄席】は、渋谷駅周辺の再開発による居酒屋ニュー信州の移転に伴い、幕を閉じました。なんとか、新たな企画を再開しようと準備を重ね、ようやく開催にこぎ着けることができました。

 新しい会場は、ニュー信州の新店舗と同じビルの4階にあるBar「Li-Po」です。もともとニュー信州と同じ路地に面していた両店。ご近所さんのお付き合いでコラボレーションが実現しました。題して【渋谷川酒場寄席】。渋谷川を見下ろすLi-Poの窓辺に高座を設け、渋谷の"オトナゾーン"を笑いで包む会として、末永く皆様に愛されることを願っています。

 再スタート第一弾は7月10日(日)。立川流気鋭の真打・立川談修の独演で開催します。落語を二席、じっくりお楽しみ頂いたあとは、酒宴を設けています。装いも新たに移転オープンした「地酒屋ニュー信州」が提供する銘酒と季節の味覚でお付き合い下さい。

"暮らしのリズム"presents**
【渋谷川酒場寄席〜小暑の会】**

平成28年7月10日(日) 開場17:30 開演18:00
Li-Po
http://li-po.jp/
(渋谷区渋谷3-22-11,4F / 03-6661-2200)
4,000円 先ずの一杯付き
席数限定 要予約

立 川 談 修
昭和48年千葉県生まれ。平成7年立川談志に入門。専修大学卒業に因んで「談修」と命名される。15年10月二ツ目に昇進。14年にネタおろしや蔵出しの演目を聞かせる独演会『ダンス ダンス ダンシュー』をスタートさせ、40回以上の回数を重ねている。安定感のある古典を中心とした高座は定評があり、22年2月に行われた『第7回 伝統芸能祭グランドチャンピオン大会』で優勝を果たす。師匠談志生前に真打ち昇進が認められ、25年4月1日に晴れて昇進を果たした。25年末から、演じ手の少ない珍しい演目に着目した独演会の新シリーズ『談修 イン ザ ダーク』をスタートさせる。

[立川談修ホームページ] http://tatekawa-dansyu.com/
『ダンス・ダンス・ダンシュー 44』7月30日(土)上野広小路亭

落語の第一部、酒宴を愉しむ第二部の二部構成となります。
ご入場の際に先ずの一杯をサービスさせていただいた後、酒肴のご注文は第二部(19時45分頃)からとなります。酒宴では地酒屋ニュー信州が提供する季節の肴や銘酒を、一品一杯500円でご用意しております。お時間許す限りごゆっくりお楽しみください。

共催 地酒屋ニュー信州 http://new-shinsyu.com/

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。