「冬のお楽しみ便」開催しました!

おはようございます。

1月11日(金)、無事に「冬のお楽しみ便」を米子市の「ティズ・クレイ」さんにて開催しました。ご注文くださった皆さま、ありがとうございました!

当日の様子をかいつまんでレポートします。Instagramでも、当日の様子をストーリーズでお伝えしています。そちらも合わせてご覧くださいね。

大田&出雲、松江、米子、雲南。今回の米子が5回目となった「お楽しみ便」です。

今回は雲南→斐川→出雲→松江→米子、という行程で商品をお預かりしました。ご協力くださった作り手の皆さま、本当にお世話になりました。

まず、朝9時に雲南市木次町「豆腐工房うしろうさぎ」さんへ。もめん豆腐、やわらか豆腐、そしてやわらか揚げをお預かりしました。

いつも気持ちの良い笑顔で迎えてくださるスタッフの皆さん。

奥さんから「気を付けていってらっしゃい!」というエールをいただき、一路斐川へ。

つぎは「ながせファーム」さん。

いつもよりも早い受け取り時間で大変だったと思うのですが、しっかり準備してくださっていました!

今回はいろんなかぶが入っていて、お料理するのが楽しくなりそう!そして、島根でうまれた野菜「あすっこ」や、あまーいネギ(豆腐と合わせてお鍋にぴったり!)もセットになっていました。

野菜の種類ごとに食べ方や特徴が書いてある紙を用意してくださっているので、お客さまにもとても分かりやすく、助かっています。こうして作り手の皆さんがお客さまの顔を想像してくださり、準備してくださるのがとてもうれしい。

新鮮な野菜をお預かりして、次は出雲市へ。

まずは乾物屋「松ヶ枝屋」さんで、朝いちばんに削っていただいた「削りたて花かつお」と、「おでんのおだしセット」をお預かりです。

ふわっふわの削り節はいつ見ても幸せな気持ちになります。なんでだろう?

普段はお店での販売のみで、他のお店に出されることがない松ヶ枝屋さん。それだけに、こうして商品をお預かりすることは、くらしアトリエを信頼してくださっている証。間違いのないよう、しっかりお渡しせねば!と、いつも背筋が伸びる思いです。

その後、待ち合わせ場所にて「朔のカンパーニュ」さんからカンパーニュをお預かりしました。

今回はセットと単品というパターンで、お客さまも迷いつつ、楽しんで選んでくださったのではないかと思います。

いつもながら、きちんと冊子を準備してくださり、パンへの思いをしっかり伝えてくださる朔のカンパーニュさん。熱い思いを受け取って、次は「なぎら長春堂」さんへ!


「お待ちしてました!」と元気に声をかけていただき、「黒豆大福」と「くるみ餅」をお預かり。たくさんご注文を頂いたので、ずっしりと重たい!今は店頭で「いちご大福」も販売されているので、いちごの箱に入れてくださっていました。

余談ですが、お楽しみ便の翌日、どうしても食べたくなって再びなぎらさんに行ってしまった私(笑)。がしかし、黒豆大福もくるみ餅も完売御礼!だったので、いちご大福を買って帰りました。こちらもほんと、絶品でしたよ~。ぜひ皆さんも、お試しくださいね

そして一路、松江へ。

最後に立ち寄ったのは「yadorigi」さんです。

マルシェなどでお世話になっていたのですが、お楽しみ便では初めてとなるyadorigiさん。ベーグル、あんバターサンド、そして金柑とクリームチーズのマフィン。ころんころんとした商品たちがとっても愛らしい。店内も混みあっていてお忙しい中対応していただきました。ありがとうございました!

さあ、商品はすべて揃いました。安全運転で、向かうは米子市の「ティズ・クレイ」さんです。お楽しみ便は2度目、そして、過去に何度となくイベントなどでお世話になっている、私たちの大切なお店です。

あらかじめお願いしていた、邑南町の「カフェこめじるし」さんのヴィーガンマフィンも、無事にクレイさんに到着していました。邑南町の素材を使ったマフィンは、いつも人気の商品です。

お店の奥のギャラリーコーナーをお借りして、

お客さまごとに商品を仕分けし、当日販売分の商品をディスプレイして(いつもわたわたするので、車の中でシミュレーションをしました。

でも結局わたわたするのですが…)、14時から販売開始!


時間前からお待ちくださった方もいらっしゃって、ご予約の方、当日販売の商品を見に来てくださった方、たくさんの方にお越しいただきました。ありがとうございました!

「カンパーニュが大好きなので…」と、わざわざ大田市からご注文くださった方、「なぎらさんの和菓子が米子で買えるなんて!」とおっしゃっていた方、毎回「ながせファーム」さんのお野菜を楽しみにされている方、ご実家が島根ということで、帰省中にご注文くださった方…いろいろな方が、島根のおいしいものを手にとってくださり、笑顔で対応してくださいました。

この「お楽しみ便」が、地元で、島根で頑張る作り手の皆さんの存在を知っていただくきっかけになったり、地域に目を向ける第一歩となってくれたら、こんなにうれしいことはありません。

島根はおいしいものがいっぱい、素敵な人がいっぱいの、いいところです!という誇らしい気持ちを、ますます強くした1日でした。

会場をご提供くださったティズクレイさん、かかわってくださったすべての皆さんに厚くお礼申し上げます。

来年度も、またこのお楽しみ便を開催できればと考えています。「この商品は普段並ばないと買えないけど、忙しくてなかなか手に入れられないから、お楽しみ便にぜひ!」というリクエストも、受け付けております。来年度もシマシマしまねを、お楽しみ便を、どうぞよろしくお願いいたします!



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートありがとうございます。とてもとても励みになります。 島根を中心としたNPO活動に活用させていただきます。島根での暮らしが、楽しく豊かなものになりますように。

3

くらしアトリエ 「日々 綴る。」

島根県雲南市「NPO法人くらしアトリエ」スタッフが、日々の活動のこと、暮らしのこと、をつぶやいています。
1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。