拝啓、お言葉警察さま

文章を書くのは苦手だけど好きだ。
言葉の由来や正しい意味を知るのも好きだし、そういったものに美しさを感じる。

正しさが好きと言いながら矛盾するけど、僕は外向きに『』を『嫁ちゃん』と言っている。『嫁ちゃん』という語感が好きだし、可愛さがある。

妻を嫁と呼ぶのが正しくないのも知ってる。

1.むすこの妻。 「―と姑(しゅうとめ)」
2.新婚の女性。「花―」。結婚の相手としての女性。 「―を迎える」

お言葉警察に怒られるかもしれないね。
でも、お言葉警察だって僕が『』と言っても「あぁ、むすこの妻なのか」とは思わないだろ?

なら正しい意図で伝わってる。なら正しいコミュニケーション取れてるじゃない。それでよし。チャンチャン。

コレ系でよくあるのは『確信犯

理解度が逆転しているなら、もう世間的には『悪いことであると分かっていながらなされる行為、または行為をする人』が正しいじゃん。

古いモノに拘るなら『いと』『あはれ』なんかの古語を使いなよ?時代の変化についていけてないだけなんじゃない?

他にも、通信容量を『ギガ』って言ったり、『マヂ』って書いたり、色々あるけど伝わってるよね。ギャル文字なんかは読めないけどそのコミュニケーションに僕が対象じゃないってだけの話だし。

こだわりがあるのはステキだけど他人に強要するのはダサいね。





こういうディスっぽいものを書いてるのもダサいね。
平和で幸せでほっこりする文章が書きたいな。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

読んでくれてありがとうございます!「スキ❤️」してもらえると飛んで喜びます!シェアしてもらったら喜びの舞を踊ります!

うれしみが激しい〜😂
25

あっきー

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。